【米国】冬時間に警報器の電池交換 CPSC「習慣にして」

11月4日午前2時をもって冬時間に移行したことにあわせ、米消費者製品安全委員会(CPSC)は時計をセットし直す作業と同時に、火災警報器と一酸化酸素警報器の電池交換を行うよう呼びかけた。「時計の針を1時間戻す作業にあわせて警報器の電池を交換することを習慣化してほしい。新しい電池はあなたとあなたの家族に警告を発し、避難する時間を与えてくれるだろう」としている。

CPSCによると、2015年には約37万件の住宅火災が発生し、約2230人が死亡、約1万800人が負傷し、63億ドルを超す財産被害がでた。また、一酸化炭素中毒で毎年400人以上が死亡していた。

CPSCは「一酸化炭素は有毒なガスで、発電機や暖炉、煙突などから忍び寄る、目に見えない殺し屋だ。火災・一酸化炭素警報器を各階や寝室に設置して、毎月の作動点検と年に1回の電池交換をしてほしい。家族の安全のためなら簡単な作業だ」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 横浜
    神奈川県は12月1日から、ホームセンターやスーパーなど6社と協力し、県内店舗に「省エDIYコーナー」...
  2. 英国の消費者団体Which?
    イケアの英国法人は、ブラックフライデーの11月27日から始める予定だった中古家具買い取りキャンペーン...
  3. 地方消費者行政、依然「冬の時代」
    ◎「自主財源」4年連続増も、消費者行政予算のない市区町村増加 消費者庁は11月、「地方消費者行政の...
  4. 米消費者情報誌コンシューマー・リポートが発表した2020年「自動車信頼性ブランド」で、「マツダ」(前...
  5. 国民生活センター新理事長・山田昭典さん
    国民生活センター新理事長・山田昭典さん ◎新型コロナ対策も踏まえ情報発信にも注力 「今年は国民生...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る