【米国】ロメインレタス、産地を表示へ 更なる対策求める声

今年6月に続き、新たなロメインレタス食中毒が発生した問題で、FDA(米食品医薬品局)は11月26日、農家と加工・流通・小売り業者に対し、今後出荷するロメインレタスのパッケージに栽培地と収穫日を表示するよう求めた。この措置を受け、消費者情報誌コンシューマー・リポートは「今回の自主的な表示は消費者が食中毒を回避するのに役立つ」と一定の評価をしたものの、公衆衛生を向上させるには更なる対策が必要だと訴えた。

CDC(米疾病対策センター)によると、今回の出血性大腸菌O-157:H7による食中毒は10月初旬から始まり、これまでに12州で43人が発症、16人が入院した。感染源はカリフォルニア州の北部および中部で生産されたロメインレタスの可能性が高く、CDCは「生産地が確認できないロメインレタスは食べずに廃棄してほしい」と呼びかけている。

コンシューマー・リポートは、産地と収穫日の自主的な表示については称賛し、「この取り組みを恒久化し、すべての生産地で行われることを望む」と要求。一方で「繰り返し発生する大腸菌などによる食中毒から消費者を守るには更なる対策が必要だ」と指摘し、FDAに対し、農業用水の安全基準の強化と水質試験の導入、農産物へのトレーサビリティの適用を強く求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  2. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  3. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...
  4. 栄養成分表示
    2015年4月に包装した加工食品への表示が原則義務付けられた「栄養成分表示」について、4割近くの人が...
  5. コイン
    特定適格消費者団体の消費者支援機構関西(大阪市中央区、藤井克裕理事長)は11月6日、外国株式の国内店...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る