【豪州】銀行のコロナ対応を格付け 意見広告掲載へ募金活動

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

豪州の消費者団体CHOICEは5月下旬から、銀行の新型コロナ対応を格付けするキャンペーンを展開している。多くの人が収入の急減に直面する中、ローンの支払い猶予や利子の軽減といった消費者支援策を評価する。集計後に全国紙で公表する方針。現在、意見広告費を調達するため、募金活動を展開している。第一目標としていた6千ドル(約44万円)が集まり全国紙への広告出稿が確定し、第二目標となるオンラインニュースへの出稿を目指して更なる寄付を呼びかけている。

同団体は4大銀行を対象に格付けを実施。ローンの返済に困った人への支援策をスコアカード形式で公表し、各行に改善を促したいとしている。ローンの返済猶予や長期債務の免除、クレジットカード利息の減免などの状況を調べる。

集計結果をメディア広告の形で公表する計画。募金活動により、全国紙への出稿料6千ドルをすでに達成し、オンラインニュースサイトへの出稿を目指し、第二目標として1万1000ドルの調達を目指している。最終目標の1万5000ドルに達した場合、フェイスブックやツイッターなどSNSへの出稿も行い、新型コロナ禍の銀行の取り組みを広く周知したいとしている。

CHOICEは「銀行業界は一時的な救済策を発表したが、まだまだ不十分だ。4行への聞き取り調査の場では、他行と比較されることを懸念し、すでに利息の猶予を打ち出した銀行も出てきている」と強調。「スコアカードは良い取り組みを行う銀行を称賛し、不当な貸し手には恥をかかせることになるだろう」とコメントしている。

オーストラリア4大銀行とは▽ナショナル・オーストラリア銀行 (NAB)▽コモンウェルス銀行 (CBA) ▽オーストラリア・ニュージーランド銀行 (ANZ)▽ウエストパック銀行 (WBC)の4行をさす。長きに渡る寡占により改革の遅れが指摘されていて、CHOICEによる今回のキャンペーンでは、抜本的な改善や消費者救済策を求める署名が2万2千筆を超えていた。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. CPSCが警告した子ども用ラウンジャー
    弾力性のある椅子の一種、ラウンジャーを使っていた乳児が窒息死する事故が2件発生したとして、米消費者製c
  2. ACAPわたしの提言
    企業の消費者担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は1月2c
  3. コンシューマーリポート
    パンデミックで冷凍野菜・果物の売上が伸びる中、米国の消費者団体コンシューマー・リポートが369アイテc
  4. 主婦連合会
    消費者庁が1月21日までパブリックコメントを実施した「食品添加物の不使用表示に関するガイドライン案」c
  5. 消費者庁
    消費者庁は1月20日、大幸薬品が販売するウイルス除去・除菌の効果を謳った商品に対し、効果を示す合理的c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る