【欧州】ニンニク、鼻洗浄…、コロナ巡るデマ 消費者団体が警告

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ポルトガルの消費者団体DECOは1月25日、新型コロナウイルスを取り巻くデマが多数出回っているとして、消費者に正しい情報の入手を警告した。「恐怖はデマの出現を助長する。政府が推奨する対策を講じて身を守ってほしい」と呼びかけている。

同団体は、コロナウイルス対策をうたったサプリメントやグッズは科学的根拠がないと指摘。トイレなどに設置されるハンドドライヤーもコロナ対策にはならないとし、石鹸と水で頻繁に手を洗い、社会的距離を保ち、呼吸エチケット対策(マスク着用)を講じてほしいと呼びかけた。

紫外線ランプはコロナウイルス除去に役立たない上、皮膚の炎症を引き起こすと警告。ニンニクは抗菌作用がある健康的な食品だが、ごま油と同様、食べてもコロナ予防にはならず、「広まった神話に過ぎない」と指摘。生理食塩水で鼻洗浄することも有効性を結論付ける証拠はないとした。酢での手洗いや水・酢・レモンでのうがいも科学的根拠がなく、寒さや雪がコロナやその他病原微生物を除去するという話も信じてはいけないと警告した。

そのほか、熱いお風呂に入る、高アルカリ性食品を食べる、などの対策も有効性が証明されていないと強調。蚊が新型コロナを感染させるとの情報も、現在のところ証明されていないとした。

DECOは「インターネットやSNS上には正しい答えがない。単に誤った安心感を与えてくれるだけだ」とし、デマや神話に振り回されないよう呼びかけている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 消費者庁
    消費者庁は10月20日、22団体目となる適格消費者団体と、4団体目にあたる特定適格消費者団体を認定しc
  2. 豪州消費者団体Choice
    オーストラリアで植物由来の代替食品が台頭している。代替肉にとどまらず、ラザニア、ヨーグルト、コンデンc
  3. 自動車用タイヤの空気圧を監視する「TPMS」(タイヤ空気圧監視システム)。米国では2009年9月からc
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは10月19日、カットパンを食べた1歳未満の乳児が死亡するなどの重大事故が起きたことc
  5. 冷凍食品の日
    日本冷凍食品協会は10月18日、東京都内で「10月18日は『冷凍食品の日』~べんりとおいしいのその先c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る