スマホ連携の車、売却時はデータ完全削除を 8割が不十分

英国の消費者団体Which?は6月22日、スマートフォンと連携させた自動車を売却する際、8割近くの人が個人データを適切に削除していないとの調査結果を発表した。中古車を購入する場合も注意が必要で、以前の所有者のデータが残っていると最悪の場合、車を盗まれる危険性があるという。同団体は「現代の車は様々なデータを自ら集めて記録するコンピューター。想定以上にあなたのことを知っている」と指摘。車の売却したり中古車を購入したりする際、自動車システムが初期化されているかを必ず確認するよう呼びかけている。

同団体は今年2月まで、過去2年間に車を売却したことのある1万4079人を対象に調査を実施。その結果、半数以上となる7638人が自動車システムとスマホをBluetoothやUSB経由で連動させており、そのうち79%の人がデータを完全に削除していなかった。さらに、スマホ連携させた人の31%は削除作業をまったくしていないことがわかった。

スマホと連携させた自動車システムには、Wi-Fiのパスワードやスマホの電話番号、メールアドレスなど大量の個人情報が記録される可能性がある。また、スマホに入れた車用アプリのデータが残っていると、位置の追跡やドアのロック解除、エンジンの始動などが可能となり、車を盗まれる恐れがあった。

自動車システムを初期化する方法はさほど難しくはなく、Which?は「マニュアルを確認しながらデータを完全に削除すること。あわせてスマホにインストールした車用アプリも削除し、その際は必ずアクセス権を解除することが重要だ」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  2. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac
  3. NCL
    米国最古参の消費者団体、ナショナル・コンシューマー・リーグ(NCL)は2月6日、2022年版トップテc
  4. アンケート調査
    日本産業協会(矢島良司会長)は2月1日、2022年度消費生活アドバイザー資格試験に478人が合格したc
  5. エシカル甲子園
    徳島県が主催し、消費者庁が後援する「エシカル甲子園」。その今年度優勝校と特別賞受賞校の2校が1月24c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る