【米国】家禽の食中毒防止へ規制強化要望 食肉大手と広域連携

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

サルモネラ菌に関する規制や基準が時代遅れで、米政府の食中毒対策が効果を発揮していないなどとして、食肉大手4社と消費者・科学者4団体は連名で9月1日、農務省に対し、最新の科学的知見に基づく規制強化を求める要望書を提出した。消費者団体が行ってきた要請運動に大手企業が加わり、「前例のない広域連携」になったという。

要望書に名を連ねた大手4社はバターボール、パーデュー・ファームズ、タイソンフーズ、ウェイン・ファームズ。消費者・科学者団体からはこれまで通り、公益科学センター(CSPI)、アメリカ消費者連合(CFA)、コンシューマー・リポート、ストップ・フードボーン・イルネスの4団体が参加した。

米国では、サルモネラ菌とカンピロバクター菌による食中毒患者が毎年300万人以上にのぼり、推計60億ドル以上の経済損失が発生している。これらの食中毒の発生率は、政府が対策を取っているにもかかわらず20年間も高水準で推移しており、消費者・科学者団体は「現行の規制システムが消費者を保護するのに十分な効果を発揮していない」、「食中毒対策における科学的技術は飛躍的に進歩しているが、農務省の食品安全規則がそれに追いついていない」などと指摘し、改善や刷新や求めていた。消費者団体らは今年初めにも要請書を提出していたが、今回は新たに大手企業も参画し、農務省に強く行動を求める形となった。

CFAによると、サルモネラには2500種を超える血清型があるが、食中毒を引き起こすのはその一部。しかし現行の検査規則は危険な血清型とほぼ無毒な血清型とを区別しておらず、「効果的な監視、対策、効果測定ができない」と指摘した。また、CSPIはEU(欧州連合)が最新のリスク管理手法を採用し、家禽食中毒の発生率を大幅に低下させていることを示し、「米政府は目標を達成できておらず、新たなアプローチが必要なのは明白。我々消費者、科学者、家禽大手は連携して、農務省を支援する用意はできている」と呼びかけた。

農務省食品安全検査局(FSIS)は8月26日、サルモネラ食中毒を減らすための新たな指標の導入計画を発表しており、各団体は今後の動向を監視し、中身を精査していくとしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. ニッポン消費者新聞2021年1月1日号
    特集 食品表示デジタル化 9万食品対象に実証実験 消費者庁、12月中旬まで ~スーパーc
  2. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア連邦裁判所は11月29日、雇用関係に関する助言サービス事業者「エンプロイシュア(Empc
  3. スマートフォン
    英国の消費者団体Which?は11月24日、ほぼすべてのインターネット接続製品にセキュリティ対策を求c
  4. vzbv
    修理代が高く、修理する場所も少ないなどの理由から靴の多くが捨てられているとして、ドイツの消費者団体vc
  5. 主婦連サプリメント学習会
    薬害防止活動に尽力する薬剤師の藤竿伊知郎さんが11月24日、主婦連合会主催の学習会で講演し、健康食品c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る