【米国】歩行者検知システム、最新モデルの6割が標準搭載

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米消費者情報誌コンシューマーリポートは5月21日、自動車メーカーが歩行者検知安全システムの搭載を積極化させていると伝えた。2019年度モデルの搭載率は38%だったが、20年の最新モデルは61%に上昇したという。同誌は「各メーカーは人命を救う革新を続けているが、さらなる進化を期待する」と呼びかけた。

同誌や米国道路安全保険協会(IIHS)によると、自動緊急ブレーキ(AEB)に対応する歩行者検知安全システムの搭載が進んでおり、「自動車メーカーの積極的な取り組みを歓迎する」としている。

米国での歩行者の死者数は2009年から18年の間に53%増加していて、増加傾向に歯止めをかける安全機能として、AEBと歩行者検知システムへの期待が高まっている。コンシューマーリポートは「歩行者検知技術は贅沢なオプション機能として扱われるべきではなく、全モデルに標準搭載されるべきだ」と指摘している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 米国で安全な自転車用ヘルメットが次々と登場している。バージニア工科大学の研究所と米国道路安全保険協会c
  2. 消費者庁
    物価の上昇を感じている人が9割近くにのぼることが1月19日、消費者庁の物価モニター調査でわかった。小c
  3. オーストラリア競争・消費者委員会
    雇用関係の助言サービス事業者「エンプロイシュア」(Employsure)が掲載した不当なグーグル広告c
  4. 消費者庁
    消費者担当・若宮健嗣担当大臣は1月18日、今年度の消費者志向経営優良事例表彰の選考結果を発表した。大c
  5. 主婦連合会
    各地消費者団体で作る実行委員会主催の第60回「全国消費者大会」の開催日程が決まった。3月15日の国際c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る