【英国】葬儀の前払いプラン、6人に1人が利用 家族の負担軽減

葬儀サービスの業界団体、全英葬儀プランプロバイダー協会(NAFPP)の年次報告書によると、昨年の埋葬と火葬のおよそ6件に1件が前払いの葬儀プランで執り行われたことがわかった。本人自らが事前に葬儀のタイプを選べることができ、親族の経済的負担も軽減できることから、同協会は「継続的な需要が見込める」としている。

英消費者団体「Which?」は前払い葬儀プランのメリットとして「葬儀費用を現在の値段で固定できるため、インフレを心配する必要がない」「愛する家族が葬儀費用を払う必要がなく、葬儀の準備にかかる時間と精神的な負担も軽減できる」などをあげている。

Which?によると、この業界では強引勧誘による消費者トラブルが多発し、金融行動監視機構(FCA)が2022年7月に規制を強化。認可制の導入、飛び込み電話勧誘(コールドコール)の禁止、金融サービス補償制度 (FSCS)の適用などの消費者保護が図られた。その際、認可を得られなかった一部の事業者が破綻し、数千人が被害を受けたという。今回の年次報告書は前払い葬儀プラン部門に関する初めてのもので、昨年、執り行われた葬儀のうち前払いプランによるものが11万2019件あったという。

NAFPPのスティーブ・ローランド会長は規制をクリアした事業者の健全性をアピールし、「新規参入事業者が家族向けの新たなプランを提供しており、これまで以上に選択肢が増えるだろう」とコメント。

一方、Which?は「葬儀サービスに関するすべての費用が含まれるわけではなく、埋葬地、花、通夜、ケータリングなどの追加料金が必要な場合がある」と指摘。「適切なプランを選ぶため比較サイトを活用するのも一つの手。ただし、葬儀プランは複雑な場合があるため、ポリシーを注意深く確認し、不明な点は事業者に問い合わせてほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る