ふくしま支援活動、高校生が学習成果発表 5校から調査報告🔒

◎全相協「ふくしま食相談センター」が主催 「ふくしまの今とこれから」テーマに

東日本大震災から13年。当時2歳から5歳だった子どもたちも高校生へと成長。その生徒達が福島の郷里の地で学び、考え、参加し、生活の中で得てきたことを発表する発表会が3月16日、東京オリンピック記念青少年総合センターで開かれた。主催したのは「ふくしまの食相談センター」。全国消費生活相談員協会(全相協)の会員が担う。「高校生から学ぶふくしまの今とこれから」とのテーマで開催されたもので今年はその2回目。当日は福島県出身でEUの福島産農水産物輸入規制の撤廃に携わった外務省職員・三好あさぎさんも講演者としてオンライン参加。後輩達の活動にエールを送った。全相協では生徒たちの取組を今後も応援していくとしている。

発表会「高校生から学ぶふくしまの今とこれから」

福島県での独自調査・研究の成果を発信する高校生ら(3月16日)

主催した全相協「ふくしまの食相談センター」(代表・尾嶋由紀子さん、全相協常務理事)は、今回の集会について、「福島の復興を目的に活動している高校生・大学生に発表・意見交換の場を提供し、応援していくことが目的」と説明する。今年で第2回目となり、今後も生徒たちの活動を支援していくという。

当日は福島県出身の外務省職員・三好あさぎさんが講演。現在カンボジア日本大使館に赴任中のため……(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」4月1日号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比4.4%減の4万6908件だっc
  2. 日本生協連
    ◎エシカル消費対応商品は9%増と伸長 日本生活協同組合連合会がまとめた全国117主要地域生協の20c
  3. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  4. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  5. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る