兵庫県の苦情相談、2年連続4万件超 定期購入トラブル急増

兵庫県内の窓口に寄せられた2019年度消費生活相談の総件数は、前年度比5%減の4万6864件になった。消費者トラブルを示す苦情相談は4万251件(前年度比6%減)と2年連続で4万件以上となり、依然として高水準が続いていた。健康食品と化粧品の定期購入トラブルが約2倍に急増したほか、トイレ修理などの水回りトラブルが年々増加していた。

県の発表によると、苦情相談の約4割(38.8%)を60歳以上が占め、70歳以上は4分の1(25%)となり、前年度に引き続き高齢者トラブルが高い割合を示した。一方で、19歳以下の未成年者と20歳代の苦情相談も2年連続増加し、消費者トラブルの若年化もみられた。

個別事例では、健康食品と化粧品の定期購入トラブルが急増。健康食品が880件→1699件(93.1%増)、化粧品が585件→1143件(95.4%増)といずれも約2倍増加した。全体の7割超が女性で、40~60歳代の相談が多かった。

また、修理サービスのトラブルが年々増加し、前年度比10.4%増の1144件となった。そのうちトイレや浴室など水回りの「衛生設備」が549件と48%を占め、全国ワースト1位だった。「広告を見て修理を依頼したところ、次々と作業が必要と言われて、最終的に高額な料金を請求された」といった事例が多発。平均支払い額は19.1万円にのぼり、前年度(15.8万円)よりも高額化した。消費生活センターのあっ旋交渉に事業者が応じないケースが多く、県は「水回り修理が必要になった場合、ネット広告やマグネット広告に連絡せず、まず自治体水道局、メーカーに相談を」と呼びかている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    新型コロナ禍にインターネット通販に関する相談が増加したとして、兵庫県立消費生活総合センターは11月2...
  2. キャンピングカー豪最大手のJaycoが消費者の返品の権利を妨げたとして、オーストラリア競争・消費者委...
  3. 赤信号
    千葉県は11月19日、道の駅いちかわ(市川市)で販売された生菓子「駅アイス」の一部に、表示が義務付け...
  4. 国際消費者機構(CI)
    1960年に発足した国際消費者機構(CI)は11月16日、60周年を記念した特設ウェブページを開設し...
  5. サブリース住宅入居者向け注意喚起チラシ
    サブリース業者に不当勧誘の禁止や重要事項の説明義務などを課す規制法(賃貸住宅の管理業務等の適正化に関...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る