使い捨てプラ「SDGsに反する素材」 高田秀重教授指摘🔓

マイクロプラスチック汚染問題に詳しい東京農工大学の高田秀重教授が2月21日、都内で講演し、「石油ベースの使い捨てプラスチックはSDGs(持続可能な開発目標)に反する素材だ」と指摘した。昨年、世界的に脱プラスチックの動きが加速した背景には中国の資源ごみ輸入禁止措置があると分析。日本の焼却ありきのごみ処理については「緊急避難的対策だ」と批判した。

東京農工大学高田秀重教授

プラスチック製弁当容器を手に講演する高田教授。リデュースの重要性を訴えた(21日、新宿リサイクル活動センターにて)

この講座は新宿区と新宿区消費者団体連絡会の主催。消費者や学生など約70人が参加した。

高田教授は「日本近海では、他の海域に比べておよそ30倍の量のマイクロプラスチックが漂流している」と報告。理由として▽日本人1人当たりの使い捨てプラスチック使用量が世界で2番目に多く、一部が海洋に流出している▽中国・東南アジアに輸出したプラスチックごみが現地で海に流出し、黒潮に運ばれて日本近海に戻ってきている――ことをあげた。

また、欧州がストローを規制したり、英国・フランス・ドイツ・イタリア・カナダの5カ国が「海洋プラスチック憲章」を承認したりするなど、脱プラスチックの動きが昨年になって急加速した背景に、中国の資源ごみ輸入禁止があると指摘。「欧米も中国にごみを輸出していたが、環境倫理がしっかりとしている欧州は自国での処理を模索した。ところが大量のプラスチックを急にリサイクルできるわけもなく、使い捨てプラスチックの削減に舵を切った」と解説した。

プラスチックごみの処理方法にはリサイクル、焼却、埋め立てなどがあるが、欧州が使用削減を選んだ理由について、高田教授は「答えはSDGsにある」と…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 農薬危害防止運動ポスター
    農林水産省や都道府県などは共同で、6月1日から「農薬危害防止運動」を展開する。農薬散布が増える時期に...
  2. 公益科学センター
    ジョージア州アトランタ市は、市が管轄する敷地内での食品調達指針を策定し、一定の栄養基準を満たした食品...
  3. トヨタアルフォード
    国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)は5月27日、2019年度「自動車アセスメント」評価結果...
  4. 死亡事故が起きているキャバリアチェスト
    米消費者製品安全委員会(CPSC)は5月27日、ふたを閉じると自動でロックする「キャバリア(Cava...
  5. 踏み台からの転倒事故
    いすや踏み台、介護ベッドなどの製品を使用中、バランスを崩すなどして高齢者が転倒・転落する屋内での事故...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る