アニサキス食中毒、2年で3.7倍 食安委など実態把握へ🔓

魚介類に寄生するアニサキスによる食中毒がこの2年で急増している問題で、関係機関が実態把握に乗り出した。食品安全委員会は3月4日から専門調査会で議論を開始。厚生労働省も実態調査に着手している。昨年は生のカツオを原因とした事例が激増しており、科学的知見が不足する中、議論の行方が注目される。

アニサキスの幼虫

スケトウダラから取り出したアニサキスの幼虫。体長は2~3センチで、肉眼でも十分見える。活発に運動する(写真提供:国立感染症研究所、写真の解説文も同研究所ホームページ「アニサキス症とは」より)

厚労省の食中毒統計によると、2016年に124件だったアニサキスの食中毒報告件数は、17年に230件、18年に467件(速報値)となり、この2年で3.7倍以上に増加した。ほかの食中毒と比べても急増ぶりが顕著で、食中毒原因物質別の事件数としては17年にカンピロバクターに次ぐ第2位に浮上。18年はカンピロバクターを抜いて第1位となっていた。

感染源はこれまでサバやイカ、サンマが多かったが、18年はカツオ(刺身、たたきなど)が激増。厚労省に報告される食中毒発生事例によると、前年の10件から99件へと増えていた(推定事例や刺身盛り合わ事例等含む)。

こうした事態を受け、食品安全委員会は3月4日から、微生物・ウイルス専門調査会で危害評価の取り扱いについて審議を開始する。専門調査会でアニサキスを単独で議論をするのは今回が初めて。一方、厚労省は「カツオの生食による食中毒の報告例が多いことは把握している」(食品監視安全課)として、今年度の厚生労働研究においてカツオ被害の実態把握や予防法に関する研究に着手していることを明らかにした。

アニサキス食中毒の急増について、食安委事務局は「食中毒統計が被害の全体を示しているわけではなく、年間7000件以上発生しているとする推計もある。12年に義務化された届け出制度の周知が進み、自治体からの報告件数が増えている可能性もある。アニサキスは昔から知られていた食中毒であり…(以下続く)

 
この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

新着記事

  1. 生活クラブ生協の創立50周年記念フェスタが5月25日、東京都内で開催され、約4千人の来場者が生産者と...
  2. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  3. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  4. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  5. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る