生わさび商品、コーンフラワー表示せず 114万本販売

農林水産省は11月6日、万城食品(静岡県三島市)が販売したわさび商品で食品表示法の規定に違反する表示が見つかったとして、同法に基づく表示の是正と再発防止を指示した。同社は「品質に問題はない」として、消費者への返金対応は行わない方針。

同省によると、同社は少なくとも2011年4月から今年7月までの間、チューブ入り生わさび「鮮鮮生わさび43g」の原材料としてコーンフラワーを使っていたにもかかわらず、それを表示していなかった。関東農政局による立ち入り検査で不適正表示が確認された。問題の商品は消費者向けに計114万1500本が販売されたという。

■万城食品営業本部(東京)の話 コーンフラワーは増粘の目的で使用している。もともと表示義務はなかったが、表示方法が変更された際、社内の不備で対応できていなかった。7月に販売を中止し、店頭にあるものを回収したほか、パッケージを刷新した新商品に切り替えた。保健所にも相談したが、安全性には問題がなく自主回収するかはメーカーの判断になるとのことだった。消費者への返金対応は行わないが、品質には問題なく、おいしく召し上がっていただけると思うのでご理解いただきたい。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 香港消費者委員会
    香港消費者委員会が、シンガポール消費者協会(CASE)との間で、越境消費者トラブル紛争解決に関する協...
  2. 健康食品Q&A
    消費者庁が2017年10月に発行した消費者向け冊子「健康食品Q&A」が好評を得ているようだ。...
  3. 記者会見する伊藤明子長官
    厚生労働省がゲノム編集技術応用食品について事業者が自主的に届け出るよう通知したことに際し、消費者庁の...
  4. NACS怪しい勧誘・広告なんでも110番
    公益社団法人日本消費者生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、恒例の「なんでも1...
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月16日、中国人留学生を狙った詐欺の被害が深刻化して...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る