シーズン終盤、毒きのこに注意 新潟県で食中毒発生

きのこ狩りシーズンが終盤を迎える中、新潟県は11月2日、毒きのこ「ハイイロシメジ」による食中毒が発生したと発表した。県内では今秋初の発生となり、県は「毒きのこ食中毒発生注意報」を発令した。毒きのこを巡っては、消費者庁が9月に同庁ツイッターで、10月には長官記者会見で注意を呼びかけていた。

毒キノコに注意喚起

10月4日の消費者庁長官記者会見で展示された毒きのこの一例。上段が食用きのこ、下段が毒きのこで、専門家でないと判別は難しい

県によると、知人が「ホンシメジ」だと思って採取したきのこを譲り受け、家族3人が11月1日の夕食時に天ぷらや網焼き、すまし汁にして食べたところ、夜中に3人がおう吐や下痢を起こして医療機関を受診した。家族が食べたきのこは有毒な「ハイイロシメジ」で、患者の症状もハイイロシメジによる中毒症状と一致していたという。患者はすでに回復しており、知人家族は発症しなかった。

県内での毒きのこ食中毒は2013年以降、今回が18件目(患者数56人)、今シーズンでは初の発生となる。ハイイロシメジは秋から晩秋のこれからの時期にしばしば大発生する白っぽいきのこで、県内では1999年と2007年にも食中毒が起きていた。県は「きのこ狩りシーズン終盤であるものの、今後も食中毒の発生が懸念される」として、「食用と正確に判断できないきのこは絶対に採らない・食べない・人にあげないでほしい」と注意を呼びかけた。

全国では毒きのこ食中毒による死亡事故が起きており、消費者庁によると2013年に1人、今年も1人が亡くなっている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...
  2. あはき柔整広告ガイドライン検討会
    国家資格が必要なあん摩マッサージ指圧・鍼灸・柔道整復(接骨)の施術院で不正な広告が横行している問題で...
  3. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  4. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  5. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る