シーズン終盤、毒きのこに注意 新潟県で食中毒発生

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

きのこ狩りシーズンが終盤を迎える中、新潟県は11月2日、毒きのこ「ハイイロシメジ」による食中毒が発生したと発表した。県内では今秋初の発生となり、県は「毒きのこ食中毒発生注意報」を発令した。毒きのこを巡っては、消費者庁が9月に同庁ツイッターで、10月には長官記者会見で注意を呼びかけていた。

毒キノコに注意喚起

10月4日の消費者庁長官記者会見で展示された毒きのこの一例。上段が食用きのこ、下段が毒きのこで、専門家でないと判別は難しい

県によると、知人が「ホンシメジ」だと思って採取したきのこを譲り受け、家族3人が11月1日の夕食時に天ぷらや網焼き、すまし汁にして食べたところ、夜中に3人がおう吐や下痢を起こして医療機関を受診した。家族が食べたきのこは有毒な「ハイイロシメジ」で、患者の症状もハイイロシメジによる中毒症状と一致していたという。患者はすでに回復しており、知人家族は発症しなかった。

県内での毒きのこ食中毒は2013年以降、今回が18件目(患者数56人)、今シーズンでは初の発生となる。ハイイロシメジは秋から晩秋のこれからの時期にしばしば大発生する白っぽいきのこで、県内では1999年と2007年にも食中毒が起きていた。県は「きのこ狩りシーズン終盤であるものの、今後も食中毒の発生が懸念される」として、「食用と正確に判断できないきのこは絶対に採らない・食べない・人にあげないでほしい」と注意を呼びかけた。

全国では毒きのこ食中毒による死亡事故が起きており、消費者庁によると2013年に1人、今年も1人が亡くなっている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  2. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  3. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  4. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  5. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る