17年度食品ロス、612万トンで最少に 家庭系3年ぶり減少

農林水産省と環境省は4月14日、食べられるのに廃棄された食品ロスの2017年度推計量が約612万トンになったと発表した。前年度から31万トン(5%)減り、算出を開始した2012年度以降で最少。そのうち家庭から出た食品ロスは284万トンで3年ぶりの減少となった。

内訳は事業系が328万トン(前年度比24万トン減、7%減)、家庭系が284万トン(7万トン減、2%減)。食品ロス量と事業系は12年度以降で最少となり、家庭系は15年度、16年度の増加から3年ぶりに減少に転じた。ただ、国民1人当たりの食品ロス量は年間約48キロにのぼり、毎日茶碗1杯分(約132グラム)のご飯を捨てていることに相当する。両省は一層の取り組みが必要だとしている。

国連WFP(世界食糧計画)によると、2018年の世界飢餓人口は8億2100万人(9人に1人)にのぼり、3年連続の増加。2010年の水準に逆戻りした。また、WFPが18年に行った食料支援は390万トンで、日本の食品ロス量はこの数値の約1.6倍に相当する。

政府はSDGs(持続可能な開発目標)に基づき、2030年度までに国内の食品ロス量を約490万トン(2000年度の半減)にまで削減させる方針。基準となる2000年度の食品ロス量は事業系が547万トン、家庭系が433万トンで、それぞれ半減を目標値に掲げた。

家庭で発生する食品ロスは食べ残しや期限切れ食品の廃棄、調理時の過剰除去などが主な要因。買い物や調理、外食など、それぞれのシーンでロス削減を意識した行動が必要になるという。

■日本の食品ロス量の推移(環境省・農水省資料より作成)
12年度 642万トン(うち家庭から312万トン)
13年度 632万トン(うち家庭から302万トン)
14年度 621万トン(うち家庭から282万トン)
15年度 646万トン(うち家庭から289万トン)
16年度 643万トン(うち家庭から291万トン)
17年度 612万トン(うち家庭から284万トン)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. インターネット
    「届いた商品がイメージと違う」「想像していた大きさと違った」――。 実物を確認できないネットシ...
  2. 風力発電
    石油世界大手の英BPが2030年までに石油・ガス生産量を19年比で40%削減する方針を示したことを受...
  3. スマートフォン
    食品ロス削減に向けた広報活動の一環として、消費者庁は7月22日、ツイッター上で「賞味期限の愛称・通称...
  4. 米消費者情報誌コンシューマーリポート(CR)と道路安全保険協会(IIHS)は7月30日、安全な中古車...
  5. 消費者庁
    「販売預託取引」は原則禁止 過量販売は資料提出対象に 消費者被害を発生させている悪質事業者を「共通...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る