高齢者住まいトラブル110番、22日開催 弁護士が対応

日本弁護士連合会(日弁連)と各地弁護士会は2月22日、電話相談「高齢者住まいトラブルなんでも110番」を開催する。有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅(サ高住)など高齢者の住まいに関するトラブルについて、全国各地の弁護士が無料で相談にのる。

22日の110番は全国統一ナビダイヤル0570・073・165(ゼロナヤミ、イイロウゴ)まで。最寄りの弁護士会につながる。時間は10時~16時まで。施設の入退所時の問題、介護事故、虐待、身元保証などの問題について弁護士が対応する。相談無料、電話代は自己負担となる。

この110番は今回で4回目。有料老人ホームの入所一時金に関するトラブルが相次いだ2011年に開始し、相談件数は第1回が97件、第2回(12年実施)が158件、第3回(16年実施)が194件と回を追うごとに増加してきた。

記者会見した日弁連高齢者・障害者権利支援センターの松隈知栄子事務局次長は「サ高住が経営難に陥り、入居者が終の棲家として安心して利用できない実態も起きている。相談件数は伸びているが、潜在化しているトラブルも多い」と指摘。

日弁連の吉成務副会長は「高齢者の住まいに関する問題は高齢者の生命、身体の安全に直接かかわる大切な問題。国民生活センターにも保証金、解約時の返金に関する相談がいまだに多数寄せられており、いまなお安全が脅かされている状態にある。本人はもちろん家族や知人からの相談にも応じるのでお気軽に相談してほしい」と呼びかけた。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る