単位価格表示「重視しようISO規格発行」 加藤絵美さん🔓

ユニットプライスISO標準化国際委員会委員 加藤絵美さん

「消費者庁は消費者運動の歴史の成果を尊重し、多くの運動家が築いた礎を、新時代の消費者政策に活かす機関であって欲しい。そうでないと何のための発足か、わからなくなります」

ISO(国際標準化機構)理事会の下に設置されたCOPOLCO(コポルコ、消費者政策委員会)。その一つの委員会「ユニットプライス標準化国際委員会」の委員を務める加藤絵美さんは、海外の動きと異なる日本の消費者政策に懸念を提起する。

ユニットプライスISO標準化国際委員会委員加藤絵美さん「国際的には、消費者の権利を守り、消費者の意見をどう施策に反映させるか、それが消費者行政の本来の基調です。単位価格(ユニットプライス)の表示も同様でしょう。実際、ISOはあらゆる商品群に単位価格表示を記載するよう推奨しています。消費者の権利と利益にかなうからです。しかし、日本はアメリカに次いで70年代に世界で2番目にこの制度を導入したのに、その後、制度的な充実はみられない。そればかりか、制度を廃止する動きすらあります。世界とは逆行しているのです」

ユニットプライスは、例えばジャム100グラムあたりいくら、トイレットペーパー1メートル当たりいくら、といった単位価格を販売店が記載する制度。都道府県など自治体が1970年代に相次いで採り入れた。

加藤さんは「この表示実現へ向けては消費者団体の強い働きかけがあり…(以下続く)

(本紙3月1日号「消費者問題はいま―提言」より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る