【豪州】農業も変化、付加価値化加速 消費者の信頼獲得課題に

ACCC(オーストラリア競争・消費者委員会)のミック・キーオ副委員長が3月4日、タスマニアで開催されている農業に関する国際会議で講演し、農作物の高付加価値化が加速していると報告した。有機野菜や高級肉の生産に乗り出す農家が増える一方で、消費者の信頼獲得が課題になっていると指摘した。

ACCCによると、キーオ副委員長は「ここ数十年、農作物生産高の増加分のほとんどが、生産量ではなく販売価格の上昇によるものだ」とし、農家がプレミアム市場に次々と参入していると報告。「この変化は大きな影響を及ぼし、農家と政府ともに共通の課題を抱えることになった」と強調した。

課題の一つが消費者の信頼獲得。キーオ副委員長は「消費者がプレミアム価格を支払っている農産物の多くが、見た目で判断できないものだ。有機で飼育した子羊の肉は一般的な肉と同じにしか見えない」とし、業界が規格を作り、正しく運用することが重要になると呼びかけた。

また、プレミアム市場の拡大で流通形態も変化したと言及。「加工業者や小売業者が高付加価値農産物を安定的に仕入れるため、農家と直接取引を行うようになった。業者は複雑な価格設定システムを導入し、価格の透明性が低下した」と指摘。これにより農家の価格交渉力が低下し、立場が弱くなっていると報告した。こうした農業分野の課題に対応するため、キーオ副委員長は「業界、農家、消費者と協力して政策決定を行っていく」と強調した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. インターネット
    スマートスピーカーが勝手に起動し、私たちの会話を盗聴しているのではないか――。こうした心配の声が多い...
  2. 国民生活センター
    高温多湿の環境下で実施される「ホットヨガ」について「体調が悪くなった」「嘔吐した」「頭痛がひどい」「...
  3. 欧州消費者同盟
    欧州32カ国の44の消費者団体でつくる欧州消費者同盟(BEUC)は7月7日、オンラインショッピング上...
  4. 電気料金
    電気契約を結ぶ際、法令で義務付けられた契約書面を交付していなかったとして、経済産業省の電力・ガス取引...
  5. 消費者庁
    消費者庁は内閣府、警察庁、文科省など10府省庁と連携し、7月20日から26日までを「子どもの事故防止...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る