家庭の食事、5年連続セシウム不検出 日本生協連調査

日本生活協同組合連合会(日本生協連)は3月6日、福島県を中心に全国で実施している「家庭の食事」調査において、すべてのサンプルで放射性セシウムが不検出だったと発表した。すべて不検出という結果は2014年度以降、5年連続となった。今年度も調査を継続するとしている。

日本生協連は、2011年に起きた福島第一原発事故を機に「家庭の食事」調査を毎年実施しており、今回が8回目。昨年5月から今年1月にかけて、福島県100世帯を含めた18都県232世帯を対象に普段の食事2日分(6食分と間食)を調べた。その結果、すべてのサンプルで検出限界以上の放射性セシウムは検出されなかった。

2013年度までの3回の調査では、いずれも放射性セシウムを検出したサンプルがあったものの、年度を追うごとに検出割合、放射性セシウムの最大値ともに減少しており、14年度以降は不検出となっていた。

調査に参加した組合員からは「子どもたちが食べたものを直接検査してもらうことができ、安心。これからもこの取り組みを続けてほしい」「長い時間をかけて、一つ一つ丁寧に検査をしてもらうことで、安心して美味しい福島県産のものをたくさん食べられるようになった」などの声が寄せられているという。

日本生協連では今年度も調査を継続し、放射性物質に関するリスクコミュニケーションを展開していく方針だ。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る