消費者庁、液体ミルク2品の表示許可 「開封後すぐ使用を」

明治と江崎グリコが申請していた乳児用液体ミルクについて、消費者庁は3月5日、健康増進法に基づく特別用途食品の表示を許可したと発表した。江崎グリコは11日に国内初となる新商品を全国展開し、明治は13日に商品の詳細について発表するとしている。消費者庁は5日、液体ミルクの活用法や注意点について消費者に情報提供を行い、「開封後はすぐに使用し、飲み残しは与えないでほしい」と呼びかけた。

江崎グリコアイクレオ赤ちゃんミルク

国内初の乳児用液体ミルク。ストローをさし、消毒済み哺乳瓶に注いで授乳する

液体ミルクはお湯や水で調乳する必要がなく、開封してそのまま授乳が可能。栄養分は粉ミルクと同等で、未開封なら常温で長期間保存(紙パックで約6か月、缶で約1年)できる。消費者庁は母乳が足りない時や災害時、外出時の活用を推奨。一方、飲み残しは雑菌が繁殖しやすいため、開封後はすぐに使用し、飲み残しは与えないよう呼びかけた。

江崎グリコは国内初となる液体ミルク「アイクレオ赤ちゃんミルク」を5日、自社通販サイトで発売し、11日から全国で順次販売を開始する。125ミリリットル入り紙パックで希望小売価格は200円(税抜き)。明治は5日、消費者庁から特別用途食品の表示許可を受けたと発表し、13日に新商品の詳細を公表するとしている。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る