災害に備え!1週間分の食品備蓄を 農水省が実践ガイド作成

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

農水省は3月7日、食品の家庭備蓄を呼びかける「災害時に備えた食品ストックガイド」を作成した。備蓄に適した食品の選び方や収納方法、災害時に役立つレシピなど実践的な内容が盛り込まれている。昨年12月から4回に渡り開催した「あって良かった!食料の家庭備蓄懇談会」の成果をまとめたもので、農水省ホームページから閲覧できる。

災害時に備えた食品ストックガイド

無理せず食品備蓄に取り組めるよう工夫されたガイド。変化に富んだおいしい食事は被災時に大きな支えになるという

災害発生からライフライン復旧まで1週間以上を要するケースが多くみられるため、ガイドでは1人当たり最低3日~1週間分の食品を備蓄するよう推奨。地域の状況や家族構成、使い勝手などを踏まえて非常食品と日常食品をバランスよく備えることが重要だとし、消費しながら買い足して一定量を備蓄する「ローリングストック法」の実践を呼びかけた。

また、災害時は炭水化物ばかりになりがちなため、たんぱく質補給に缶詰めの活用を推奨。ビタミン・ミネラル・食物繊維の補給にドライフルーツや野菜ジュース、日持ちする野菜(ジャガイモやカボチャなど)の常備も呼びかけた。災害時に水は飲料用と調理用に1人1日3リットル必要で、保存水と呼ばれる長期保存型の水の備蓄を推奨。温かい食事は体を温め、緊張感や不安も和らぐことから、カセットコンロとやかん・鍋も準備しておくとよいとしている。

ガイドはカラー、20ページの構成。包丁と火がいらない和え物、水無し乾物パスタといった簡単レシピも収録されている。乳幼児や高齢者、慢性疾患・食物アレルギーの人向けに「要配慮者のための災害時に備えた食品ストックガイド」も作成している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    世界各国の消費者団体が主体となり、各地域で啓発イベントが展開される3月15日「世界消費者権利デー」のc
  2. 消費者庁
    消費者委員会は1月13日、今年最初の本会議を開き、今春施行予定の取引デジタルプラットフォーム消費者利c
  3. コンシューマー
    消費者被害の防止だけではなく、被害にあった消費者の救済へ向けた法制度の整備が必要との意見が高まっていc
  4. 全日本トラック協会(坂本克己会長)は12月23日、「引越事業者優良認定制度」(引越安心マーク)の20c
  5. 公益科学センター
    食品大手が自社商品を有利な場所に陳列するため、スーパーなどの小売業者に多額の金銭を支払う「共同マーケc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る