ヘアカラー「毎回パッチテストを」 東京都センで実習講座🔓

ヘアカラーリング製品の正しい使い方を知ってもらおうと、東京都消費生活総合センターは3月8日、消費者向けの実験実習講座「ヘアカラーリングABC」を開催した。参加した約30人の女性が医薬部外品と化粧品との違いや使用上の注意事項などを学び、様々なタイプの製品を実際に試す染毛実験にも挑戦した。講師の田島洋一・日本ヘアカラー工業会PR委員長は「ヘアカラーは毛を染めるための強い薬剤が使われている。アレルギーを防ぐため、使用前に毎回パッチテストを必ず行ってほしい」と呼びかけた。

ヘアカラーリングABC

取扱説明書の注意ポイントを解説するヘアカラー工業会の田島洋一PR委員長(8日、東京都消費生活総合センターにて)=写真一部修正=

様々なタイプのヘアカラーリング製品を一度に体験できる機会は少なく、講座には定員の5倍もの応募が殺到した。ヘアカラー愛用者のほか、使用に不安を感じる未経験者も複数参加し、休憩時間中も講師に質問をぶつけるなど熱気を帯びる内容となった。

田島さんは、ヘアカラーリング製品には医薬部外品と化粧品があることを説明。医薬部外品の代表的な製品としてヘアカラーと白髪染めをあげ、「2つ以上の薬剤を混ぜて使用し、しっかり染めて2~3か月の色持ち効果がある」と解説した。一方で化粧品として発売される新製品も次々登場しているとし、「シャンプーで落とせて、手軽に使える製品が多い。使うたびに徐々に染まるヘアカラートリートメントやヘアマニキュアなどがある」と述べた。

参加者は外箱の表示を見て医薬部外品と化粧品とに分類する仕分け作業に挑戦。サンプル毛への染毛実験では、クリームタイプや泡タイプなどの使い心地の違いや染まり具合を確認した。クシでとかすように使える部分染め白髪かくし(ヘアマーカー)を試した参加者は「髪の根元を染めるのに便利。効果が1日だけなので…(以下続く)

 

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  2. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c
  3. 国民生活センター
    ◎ADR機能も強化 適格消費者団体にもADR情報提供へ 信者に過大な寄付・献金を強要し、その子どもc
  4. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  5. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る