食安委、アニサキス食中毒を初議論 アレルギーも対象に🔓

近年、報告件数が急増しているアニサキス食中毒の対応を検討するため、食品安全委員会の専門調査会(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)が3月4日、開催された。魚を生で食べるための安全対策を議論していくこととし、リスク評価の前段階となるリスクプロファイルの作成に乗り出すことを決めた。また、アニサキスアレルギーについても周知が必要と判断し、議論の対象に加えることを確認した。

食品安全委員会微生物・ウイルス専門調査会

アニサキスについて初めて取り上げる微生物・ウイルス専門調査会。議論に必要な知見をどこまで収集できるかが鍵となる(4日、食品安全委員会にて)

微生物・ウイルス専門調査会でアニサキスの安全対策を検討するのは初めて。当日は対策の方向性が議論された。

魚介類に寄生するアニサキスは加熱・冷凍により死滅・不活性化するが、日本では刺身などによる食中毒が多発している。専門調査会では、「和食」のユネスコ無形文化遺産登録にも配慮し、生食を前提とした安全対策を検討していくことが示された。

また、リスク評価の前段階となるリスクプロファイルを作成することを決定。最新の科学的知見を収集・精査し…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

新着記事

  1. 生活クラブ生協の創立50周年記念フェスタが5月25日、東京都内で開催され、約4千人の来場者が生産者と...
  2. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  3. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  4. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  5. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る