「関心ある」トップは「食品の安全性」 消費者基本調査

「令和元年版消費者白書」の基本データの1つとなった詳細な「平成30年度消費者意識基本調査の結果」が7月5日、公表された。求められる政策ニーズを把握し、消費者政策の企画立案に活かすことを目的とした調査だ。有効回答約6千人からの消費者アンケート結果では、関心のある消費者問題として「食品の安全性」をあげた消費者が69.8%いた。

消費者政策の企画立案の前提となる「平成30年度消費者意識基本調査」は1万人を対象に全国389市区町村で昨年11月に実施。引越や長期不在者などを除く有効回収数は6053人。有効回収率は60.5%だった。

生活の中で「関心のある消費者問題」を尋ねたところ、「食品の安全性」が69.8%でトップを占めた。食中毒への警戒、不安な食品の横行などが背景にあることが推測される。

次いで「偽装表示・誇大広告などの事業者の不当行為に関する情報」が58.1%。「ダイレクトメールや電話勧誘販売などのプライバシーや個人情報保護の問題について」が55.8%だった。

架空請求で「詐欺的請求を受けた経験のある人」は57.8%も。高収入をうたう副業や投資などの広告を見たりそのような勧誘を受けた経験のある人の中で「実際に契約することを検討した」人は10.5%、約1割いた。

消費者トラブルの相談・申出先では「販売店・代理店」が40.6%、「メーカー」が36.7%。消費生活センターなどの行政機関の相談窓口は8.1%だった。

無条件解約権である「クーリング・オフ」を「知っている」と答えた人は約9割いた。だが、本来対象外となる通信販売について「通信販売はクーリング・オフができる」と誤った認識を持った消費者も約8割いた。

消費者庁は調査結果を今後の啓発活動に活かすとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. PL検討委員会
    新しい製造物責任(PL)のあり方を研究する「一般社団法人PL研究学会」(会長・大羽宏一大分大学名誉教...
  2. ホワイトハウス
    来年秋の米大統領選挙に向けた民主党の指名争いで、200ドル未満の少額献金総額が巨額献金総額を上回った...
  3. 全国消費生活相談員協会公開シンポ
    現在の消費者行政はバブル崩壊後の冬の時代に続く、第2期冬の時代に入りつつある――。そんな指摘が11月...
  4. 危険なベビーベッド
    下部に扉付きの収納部分があり、乳児の眠る位置の高さを調整できる木製ベビーベッドを使用中に、相次いで死...
  5. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る