消費者庁新体制始動、幹部半数交代 伊藤長官「思い引き継ぐ」

消費者庁は7月9日付け人事異動を発表。長官、次長、審議官、参事官、課長など同庁新幹部の新しい陣容を公表した。7月からはこれまでの「消費者教育・地方協力課」を「消費者教育推進課」と「地方協力課」に分け、従来の「消費者調査課」に替わって「調査・物価担当参事官」を新たに配置した。9課体制から「9課プラス1担当参事官体制」へと実質的に組織強化を図る陣容となった。

消費者庁の定員は7月1日現在で363人。創立当初の202人から年々増加し、現在はその約1.8倍に。ただ、同庁の当初予算は2014年度に110億円を突破して以降目立った伸長は見られない。14年度は114.8億円。19年度は118.2億円へと微増が常態化している。新施策への取組が期待される中、新幹部はこのような状況を踏まえて消費者庁を運用することになる。

新しい陣容、および人事異動は次の通り。

  • 消費者庁長官:伊藤明子さん
  • 消費者庁次長:高田 潔さん
  • 消費者庁政策立案総括審議官:橋本次郎さん
  • 消費者庁審議官:坂田進さん
  • 消費者庁参事官:林田雅秀さん
  • 地方協力課長:太田哲生さん
  • 消費者安全課長:鮎澤良史さん
  • 消費者教育推進課:宮原真太郎さん
  • 取引対策課長:笹路健さん
  • 参事官(調査・物価等担当):大森崇利さん

7月9日には新旧長官および新旧次長、新政策立案総括審議官がそれぞれ同庁職員を前にあいさつ。長官を退任する岡村和美さんは「消費者庁はまだまだ成長していく」「私も様々な分野で勉強させていただいた」とあいさつ。伊藤明子新長官は岡村さんの取組施策として「法執行・地方消費者行政強化」「SDGsなど幅広い消費者問題への対応」「国際会議の道の開拓」の3点をあげ、「私は国交省では長い間、住宅関係の施策に携わり、生活に密着した事業に取り組んできた。岡村長官の思いを引き継ぎ、頑張りたい」と述べた。

次長だった井内正敏さん、新次長の高田潔さん、政策立案総括審議官に就任した橋本次郎さんもそれぞれ担任・新任の思いを表明した。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    集団的な消費者被害の回復を図る「消費者裁判手続き特例法」が施行3年を迎えることを受け、特定適格消費者...
  2. コンシューマー
    容器包装の3Rを進める全国ネットワーク(3R全国ネット)など市民団体は、7月15日の「海の日」キャン...
  3. 米消費者情報誌コンシューマー・リポートは7月15日、「自然の癒し力」と題した記事を掲載し、森林や公園...
  4. ごみ
    環境問題を大きなテーマに毎年開かれてきた「東京23区とことん討論会」が7月24日の第24回討論会を最...
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    東京都が昨年9月にリニューアルした「悪質事業者通報サイト」への通報件数が大幅に増加している。都がまと...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る