栄養成分表示「活用方法わからない」4割 静岡県「普及が必要」

2015年4月に包装した加工食品への表示が原則義務付けられた「栄養成分表示」について、4割近くの人が「活用したいが、活用方法や見方がわからない」と回答していることが、静岡県のアンケートでわかった。栄養成分表示は5年間の猶予期間が設けられているが、来年4月からの本格実施が迫っている。県はパンフレット等を活用して普及活動を続ける必要があるとしている。

栄養成分表示

加工食品に表示されている栄養成分表示の例。現在、猶予期間中のため表示されていない食品もある

調査は7月~8月にかけて、県政インターネットモニターを対象に食の安全・安心について聞き、596人が回答した。

調査結果によると、食品表示を「必ず確認している」人は22.5%、「どちらかといえば確認している」人は51.2%となり、7割超の人が食品を購入する際、表示を確認していた。確認している項目は賞味期限・消費期限(80%)、原料原産地(77.9%)が上位。一方、確認していないとの回答者(26.3%)に理由を聞いたところ、見方がよくわからない(29.3%)、興味がない(28%)などが上位となった。

カロリーなどが記載されている栄養成分表示を活用したいか聞いたところ、「すでに活用している」が40.9%で最も多かったものの、「活用したいが、活用方法や見方がわからない」も39.8%とほぼ同じ割合だった。残る19.3%の人は「活用したいと思わない」と答えた。

食品表示については74%の人が信頼できると回答。一方で、レストランのメニュー表示については、食材や産地について「不審に思ったことがある」との回答が45%にのぼった。そのほか、安全な食品を製造するための衛生管理の手法であるHACCP(ハサップ)について、46.8%の人が「名称も意味も知らない」と回答し、GAP(農業生産工程管理)については71.3%の人が「まったく知らない」と答えた。

県は調査結果を今後の施策に反映する方針。2021年6月1日に完全施行されるHACCPについては「食品等関係事業者のみならず広く一般消費者に啓発することで、食の安全性に関する県民の信頼度の一層の向上に努めていく」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ユニバーサルデザインフード
    将来、在宅介護をする可能性のある人を対象に介護食の認知度を調べたところ、食べやすさに配慮した「ユニバ...
  2. コンシューマーアクション
    米国の消費者団体コンシューマー・アクションの調査によると、6割近くの消費者が「プラスチックは無限にリ...
  3. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  4. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  5. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る