【米国】消費者ローンの上限金利36%に制限 超党派法案を歓迎

消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans and Consumers Fair Credit Act、VCFCA)が両院に提出されたことを受け、アメリカ消費者連盟(CFA)は11月12日、「略奪的なローンから消費者と退役軍人を保護する画期的な超党派法案だ」と歓迎する声明を発表した。

この法案は2006年に成立した退役軍人を保護する「軍人貸付法」(the Military Lending Act 、MLA)を消費者にも拡大したもの。米国では、給料日を担保とした短期間・高金利の「ペイデイローン」や車の所有権証書を担保とした「カータイトルローン」が存在し、中には年利数百%もの利息が適用されるケースがあるという。

CFAの金融サービス部門ディレクター、クリストファー・ピーターソン教授は「VCFCAは保護対象をすべての消費者に拡大した非常に重要な超党派法律。共和党と民主党の有権者は、アメリカの歴史の大部分で行われてきた伝統的な金利制限の復活を支持した」とコメントした。

ペイデイローンは次の給料日までの生活費用の手当として使われるものだが、借り主の8割以上が2週間以内に再び借り入れを行っており、破産にいたる可能性が非常に高かった。法案作りにはピーターソン氏も関与したという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ユニバーサルデザインフード
    将来、在宅介護をする可能性のある人を対象に介護食の認知度を調べたところ、食べやすさに配慮した「ユニバ...
  2. コンシューマーアクション
    米国の消費者団体コンシューマー・アクションの調査によると、6割近くの消費者が「プラスチックは無限にリ...
  3. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  4. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  5. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る