【米国】消費者ローンの上限金利36%に制限 超党派法案を歓迎

消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans and Consumers Fair Credit Act、VCFCA)が両院に提出されたことを受け、アメリカ消費者連盟(CFA)は11月12日、「略奪的なローンから消費者と退役軍人を保護する画期的な超党派法案だ」と歓迎する声明を発表した。

この法案は2006年に成立した退役軍人を保護する「軍人貸付法」(the Military Lending Act 、MLA)を消費者にも拡大したもの。米国では、給料日を担保とした短期間・高金利の「ペイデイローン」や車の所有権証書を担保とした「カータイトルローン」が存在し、中には年利数百%もの利息が適用されるケースがあるという。

CFAの金融サービス部門ディレクター、クリストファー・ピーターソン教授は「VCFCAは保護対象をすべての消費者に拡大した非常に重要な超党派法律。共和党と民主党の有権者は、アメリカの歴史の大部分で行われてきた伝統的な金利制限の復活を支持した」とコメントした。

ペイデイローンは次の給料日までの生活費用の手当として使われるものだが、借り主の8割以上が2週間以内に再び借り入れを行っており、破産にいたる可能性が非常に高かった。法案作りにはピーターソン氏も関与したという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    食の安全・監視市民委員会(代表・神山美智子弁護士)は農薬グリホサートが多くの食品から検出されているこ...
  2. エスカレーター
    エスカレーターの安全な乗り方を実践してもらおうと、首都圏の都県と政令指定都市で作る「九都県市首脳会議...
  3. 新型コロナウイルス感染拡大により在宅時間が増える中、英国の消費者団体which?は8月7日、「消費者...
  4. インターネット
    「届いた商品がイメージと違う」「想像していた大きさと違った」――。 実物を確認できないネットシ...
  5. 風力発電
    石油世界大手の英BPが2030年までに石油・ガス生産量を19年比で40%削減する方針を示したことを受...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る