都が健康食品試買調査 8割が不適正表示 通販購入は9割超

東京都が実施した2022年度健康食品試買調査によると、販売店や通信販売で購入した125品目のうち103品目(82.4%)に不適正な表示・広告がみつかった。「関節炎を治す」「食欲抑制剤」「発毛」など医薬品的な効能効果の標ぼうや根拠のない表示がみられたという。都は事業者に改善指導を行うとともに、消費者に向けて「健康食品の利用の前には、表示・広告をよく確認してほしい」と注意を呼びかけた。

この試買調査は健康食品による被害を防ぐため、毎年実施するもの。法令違反の疑いのある健康食品を販売店やインターネット通信販売などで購入し、表示や含有成分を調べている。

22年度は125品目を調査し、103品目(82.4%)で不適正な表示・広告が見つかった。違反品目数の内訳は販売店が42品目中24品目(57.1%)、インターネットなどの通信販売が83品目中79品目(95.1%)。製品別では「ダイエット効果」が購入した17品目すべて、「美白・美容・美肌」が21品目中17品目、「エイジングケア」が15品目中13品目、「育毛・発毛」が購入した5品目すべて、などとなった。また、1製品から医薬品成分のN-アセチル-L-システインを検出した。

食品表示法に関連する違反事例(違反疑い含む)では、添加物や賞味期限、栄養成分が正しく表示されていないケースが目立った。薬機法関連では「がんの予防」「便秘にお困りの方」「AGA治療」「発毛促進」など医薬品的効能効果をうたう事例を確認。景品表示法では、「飲むだけで日々の紫外線対策プラス美白」「オーガニック100% 安心・安全」など優良誤認に該当する恐れのある表示が見つかった。また、通信販売広告では返品に関する事項をわかりやすく表示していないなど、特定商取引法違反とみられる事例を確認した。

都はホームページ「健康食品ナビ」において健康食品に関する最新情報を発信しており、安全・適正に利用するための基礎知識などを紹介している。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車内の空気から発がん性が指摘される難燃剤成分が検出されたという最新研究が報告されたことを受け、消c
  2. アルミカップ
    スポーツイベントや商業施設で採用が進むアルミカップのリサイクルを進めるため、アルミ缶リサイクル協会なc
  3. サロン専売商品
    ◎サロン専売商品の一部に「生産ロスZEROプロジェクト」導入 アートネイチャー(東京都渋谷区、五十c
  4. 金融庁
    金融庁は6月25日、金融機関からの報告をもとにインターネットバンキングによる預金の不正払戻し状況をまc
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    都民からの通報を受け付け、悪質事業者の取り締まりや監視につなげる東京都の「悪質事業者通報サイト」の2c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る