食の健康志向、過去最高を更新 日本公庫の消費者動向調査

日本政策金融公庫の消費者動向調査で、食の「健康志向」が続伸し、過去最高を更新したことがわかった。調査では国産食品かどうかを気にかける割合が低下したほか、輸入食品の安全面に対するイメージが改善していることもわかった。

この調査は年2回(1月・7月)行っているもので、今年1月実施分の結果が公表された。対象は全国20歳以上の男女2000人。

現在の食の志向を聞いたところ、「健康志向」が前回調査(昨年7月)比0.9ポイント増の46.6%と続伸し、過去最高だった2014年1月調査を上回り過去最高となった。「経済性志向」は36.9%で3半期連続の上昇、「簡便化志向」も31.2%と続伸し、上位3大志向がすべて上昇する結果となった。

一方で「安全志向」「手作り志向」「国産志向」「美食志向」はいずれも低下。特に「手作り志向」と「国産志向」は3半期以上連続で低下していた。

また、国産食品であるかを「気にかける」割合が72.3%と前回比1.1ポイント減少し、低下傾向にあることが判明。前回調査で大きく上昇(+8ポイント)した「気にかけない」は0.7ポイント増の24.9%と続伸し、約4人に1人が「気にかけない」という結果になった。

そのほか、外食する時に国産であることを「気にかけない」割合は60.3%になり、6年ぶりに6割を超える高水準となった。国産・輸入食品のイメージにも変化がみられ、国産食品は「価格が高い」が64.6%(3.8ポイント減)、輸入食品の「安全面に問題がある」が37%(1.2ポイント減)となり、どちらも調査開始以降で最も低い値になった。

日本公庫は「国産食品の高い・安全・おいしい・見た目が良い、輸入食品の安い・安全性が低いといった従来のイメージはいずれも低下傾向にあり、国産食品と輸入食品のイメージの差は縮小傾向にある」と分析している。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る