大型連休は子どもの事故に注意 身近な製品で発生

5月5日の「こどもの日」を前に、NITE(製品評価技術基盤機構)は4月25日、家庭内の子どもの事故に注意を呼びかけた。事故はウォーターサーバーや電池、おもちゃ、歯ブラシなど身近な製品で起きていて、「大型連休を迎え、実家に帰京する人も多いと思う。普段の家とは異なる環境になるため注意してほしい」としている。

ボタン電池誤飲

ボタン電池を手に取る幼児。誤飲した場合、摘出措置が必要になる(NITE再現実験より)

NITEによると、0~6歳児の事故が2017年度までの5年間に125件発生し、10人が死亡、95人が重軽傷を負った。事故の内容はやけどが46件と最も多く、ウォーターサーバーや加湿器などで発生。次いで、体を挟み込む事故(幼児用椅子や扉など)が15件、下敷きになる事故(たんすやテレビなど)が10件などと続いた。

事故の半数以上が0~2歳児によるもので、「ウォーターサーバーを触っていたところ、温水がかかってやけどを負った」(神奈川県、1歳)、「歯ブラシを使用中に転倒し、口の中にけがを負った」(三重県、1歳)などの事例が報告された。ボタン電池では「LEDライト付き耳かきで遊んでいた際、電池を収納しているふたが外れ、電池を飲み込んで負傷した」(東京都、1歳)という重傷事例もあった。

また、2歳児が木製の玩具を飲み込み窒息死する事故や、入浴中の0歳児が首掛け式浮き輪から脱落して溺死する事故が発生。5歳児がドラム式洗濯乾燥機内に入ってドアが閉じてしまい、窒息死する事故も起きた。

NITE製品安全センターの吉津兼人参事官は「子ども自身が旺盛な好奇心によって引き起こした事故も多い。子どもをずっと見守ることは不可能なので、安全な製品への切り替えを検討するなど事故が起こりにくい環境を整えてほしい」と呼びかけた。

NITEは事故防止ポイントとして、▽台所やウォーターサーバーなどに近づかないよう柵を設ける▽口に入れたら危ないものは手の届かないところに置く▽電池など部品が外れる場合があるので、製品の状態に注意を払う▽入浴させる場合は絶対に目を離さない▽ドラム式洗濯乾燥機の扉は常にロックする――ことをあげた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...
  2. あはき柔整広告ガイドライン検討会
    国家資格が必要なあん摩マッサージ指圧・鍼灸・柔道整復(接骨)の施術院で不正な広告が横行している問題で...
  3. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  4. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  5. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る