鉛のリスク評価、再び着手 食品安全委員会がWG設置へ

食品安全委員会は4月23日、鉛の食品健康影響評価を行う「鉛ワーキンググループ(WG)」を新たに設置することを決めた。鉛WGは2008年に一度設置されたが、データ不足により耐容摂取量(一生にわたり摂取し続けても健康影響が現れない摂取量)の設定に至らないまま15年に廃止されていた。その後の調査活動により新たな知見が集まったことから、再びリスク評価に着手する。

食品安全委員会

鉛ワーキンググループの設置を決めた食品安全委員会(24日午後)

2008年に設置された鉛WGは2010年3月まで10回に渡る審議を行い、一次報告を取りまとめた。そこでは有害影響を及ぼさない血中鉛濃度として、一般成人「10μg/dL以下」、ハイリスクグループ(胎児、小児、妊婦など)「4μg/dL以下」を設定したが、血中鉛濃度と鉛摂取量との関係を示すデータが不足していたため、耐容摂取量を算出することができなかった。以降、開催されないまま、2015年には組織の見直しに伴いWG自体が廃止された。

鉛を巡っては、厚生労働省から「清涼飲料水の規格基準の改正」と「器具及び容器包装の規格の改正」について、それぞれリスク評価を依頼されている。新設するWGでは評価の迅速化を図るため、これらの事案を含めて審議する方針。食安委事務局は「速やかに評価を行う準備を始めたい」としている。

鉛は環境中に広く存在する重金属で、日本人は米、穀類、芋類、野菜類、肉、魚介、乳製品、調味料など幅広い食品から摂取している。

関連記事

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  2. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  3. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  4. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  5. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る