鉛のリスク評価、再び着手 食品安全委員会がWG設置へ

食品安全委員会は4月23日、鉛の食品健康影響評価を行う「鉛ワーキンググループ(WG)」を新たに設置することを決めた。鉛WGは2008年に一度設置されたが、データ不足により耐容摂取量(一生にわたり摂取し続けても健康影響が現れない摂取量)の設定に至らないまま15年に廃止されていた。その後の調査活動により新たな知見が集まったことから、再びリスク評価に着手する。

食品安全委員会

鉛ワーキンググループの設置を決めた食品安全委員会(24日午後)

2008年に設置された鉛WGは2010年3月まで10回に渡る審議を行い、一次報告を取りまとめた。そこでは有害影響を及ぼさない血中鉛濃度として、一般成人「10μg/dL以下」、ハイリスクグループ(胎児、小児、妊婦など)「4μg/dL以下」を設定したが、血中鉛濃度と鉛摂取量との関係を示すデータが不足していたため、耐容摂取量を算出することができなかった。以降、開催されないまま、2015年には組織の見直しに伴いWG自体が廃止された。

鉛を巡っては、厚生労働省から「清涼飲料水の規格基準の改正」と「器具及び容器包装の規格の改正」について、それぞれリスク評価を依頼されている。新設するWGでは評価の迅速化を図るため、これらの事案を含めて審議する方針。食安委事務局は「速やかに評価を行う準備を始めたい」としている。

鉛は環境中に広く存在する重金属で、日本人は米、穀類、芋類、野菜類、肉、魚介、乳製品、調味料など幅広い食品から摂取している。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. toast
    日本パン公正取引協議会は7月18日、イーストフードや乳化剤の「無添加」「不使用」の強調表示について、...
  2. 郵便ポスト
    企業の消費者担当部門の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長...
  3. ホワイトハウス
    米環境保護局(EPA)は7月17日、大気汚染に関する年次報告書をまとめ、大気汚染防止法が制定された1...
  4. コイン
    「利用料金が未納」などのメッセージをSMSで送り付け、電話をかけてきた消費者にニセの消費生活センター...
  5. 国民生活センター
    国民生活センターはインターネットを活用した消費者からの情報収集ツールとしてホームページ上に設置してい...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る