食品添加物、摂取量統計データを問題化 中村幹雄氏指摘🔓

食品添加物の表示のあり方をめぐり4月17日、消費者庁検討会が審議を開始した。表示改善は消費者運動の長年の要求。安全性・問題ともに注目度が高い。「食品表示を考える市民ネットワーク」は消費者庁検討会スタートの直前、4月13日に都内でシンポジウムを開き、添加物問題全般について課題を話し合った。施策の前提となる添加物の摂取量統計に重大なミス・虚偽報告などの可能性があることが浮上した。

食品添加物シンポジウム

中村氏は「統計データ通りなら1日摂取許容量は超えている」と指摘した(4月13日、明治大学駿河台キャンパスにて)

食品表示を考える市民ネットワーク(代表・神山美智子弁護士)の同シンポジウムは「日本の食品添加物はいま」と題し開催。添加物の安全性、表示のあり方など、今後の活動方針などが提起された。

当日は神山美智子弁護士、食品安全グローバルネットワークの中村幹雄事務局長、生活クラブ生協・神奈川の藤田ほのみ理事長、全国農協食品の川村恭輔食品営業部次長らが報告、表示を含む全般問題についてそれぞれ説明した。

神山さんは食品添加物の法的位置付けと80年代以降の規制緩和の歴史を紹介。表示についても緩和策が採られたとし、現在では何が添加されているのか、消費者には分からない表示体系となっていると指摘した。物質名表記の原則が…(以下続く)

(本紙ニッポン消費者新聞5月1日消費者月間号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  2. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  3. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  4. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  5. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る