「安全な学校給食を」 日本消費者連盟が連続講座

学校の一斉休校により、給食事業者の経営ひっ迫化の問題が浮上する中、日本消費者連盟は、「子どもたちに安全な学校給食を」というテーマで連続講座を東京都内で開く。地産地消食材や有機食材を使用した実践例を紹介し、学校給食のあり方を考える。講座は3月29日と4月25日に予定されているが、新型コロナウイルスの感染状況によっては中止となることもある。直前に確認が必要。問い合わせは日本消費者連盟 (03・5155・4765)まで。

この連続講座は「子どもたちに安全な学校給食を」と題したもので、各地の実践例をもとに、学校給食の今後のあり方を検討する。

3月29日は、千葉県いずみ市の実践例。同市が実施する全ての学校給食に提供されている市内産の有機米について、その使用普及に務めてきた市の農林課生産戦略班・鮫田晋さんが説明する。同日は、韓国・ソウル市の学校給食について調査した白石孝さんも講演。ソウル市が来年から予定している「有機農産物を使った学校給食の無償化」について報告する予定。

2回目の4月25日は、一般財団法人武蔵野市給食食育振興財団の高木完治・食育係長が同市の給食状況を報告。「40年以上にわたり安全性を重視してきた食材選択」の実践例を紹介する。またNPO法人アジア太平洋資料センター共同代表の大江正章さんも「日本の有機農業と学校給食」をテーマに「有機給食」の重要性を説明する。学校給食で使用する食材や給食運営の課題などを全国調査をもとに提起する。

会場は東京・品川区「きゅりあん」。いずれも午後1時30分から。参加費は各回1000円。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 東京都庁
    東京都は9月24日、令和元年度の「インターネット広告表示監視事業」の結果を発表。1年間の監視対象2万...
  2. 愛知県「エシカル消費」クリアファイル
    愛知県は9月25日、「エシカル消費」の具体例をイラストなどで紹介したクリアファイルを作成したと発表し...
  3. アマゾンClimate Pledge Friendly
    米アマゾンは9月23日までに、持続可能性に配慮した製品の購入を支援する新しいラベル表示「気候誓約フレ...
  4. 非純正バッテリーから発火する中古ノートパソコン
    知人から譲り受けたり、リユースショップで入手したりした中古品による火災や誤使用事故が多発していること...
  5. カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は9月23日、乗用車とピックアップトラック(小型の乗用トラ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る