東京都、夏の食品衛生一斉監視実施 鶏肉の取り扱いも重点

東京都は6月1日から夏の食品衛生一斉監視を開始した。8月31日までの3カ月間、食中毒防止や食品表示の適正化を図っていく。

昨年、カンピロバクター食中毒が36件発生したことを受け、鶏肉の取り扱いについて重点的な監視指導を実施する。都食品監視課は「鳥わさなど生に近い状態で提供されるケースもあるので、飲食店のメニューなどを検査していく」としている。また、都内老人ホームで2016年、腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生し、複数の死者が出たことを踏まえ、集団給食施設や高齢者施設に対し、生野菜の殺菌など食品の取り扱いに関する指導を徹底する。

食品表示では、製造・販売・流通事業者を対象に期限表示やアレルゲン表示を監視。来年6月に本格施行となるHACCPについては、事業者の取り組み支援を展開する。

昨年は飲食店や製造所など16万件を目標に監視事業が展開されたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で保健所の状況が大きく異なる。食品監視課は「保健所の状況に応じた取り組みとなるほか、事業者も営業を縮小させているため、前回よりも規模が小さくなる可能性がある」としている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」より加筆の上、転載)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 厚生労働省
    2019年に国内で発生した食中毒事件数は1061件で、前年と比べて269件減少した。患者数は4264...
  2. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEの最新調査によると、回答者の76%が家具を壁に固定することが最善の転倒防...
  3. 生団連
    新型コロナウイルス感染症の問題点踏まえ、事業者団体や消費者団体などで構成する「国民生活産業・消費者団...
  4. イベント
    PL研究学会(会長・大羽宏一大分大学名誉教授)は7月17日、「PL法(製造物責任法)施行25周年を迎...
  5. 英国の消費者団体Which?
    美しい画像が魅力の有機EL(OLED)テレビが現在、過去最安値になっているとして、英国の消費者団体W...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る