液体ミルクの健康影響評価、あっさり通過 「すでにある技術」🔓

常温で保存でき、開封すればすぐに授乳ができる「乳児用液体ミルク」に関する食品健康影響評価が4月10日、食品安全委員会で行われた。殺菌方法や保存基準などを審議したが、規格基準案が既存の規定の組み合わせで構成されているため、約1時間であっさりと終了。食安委の佐藤洋委員長は「すでに確立している技術であり、適切に管理される限り問題はない」との認識を示した。

食品安全委員会液体ミルクの健康影響評価

食品メーカーや関係省庁担当者で傍聴席が埋まった食品安全委員会。液体ミルクの審議は約1時間で終わった(10日午後)

評価を依頼した厚生労働省は意見募集などを経て、早ければ夏にも省令を改正する方針だ。

乳児用液体ミルクの正式名称は「調整液状乳」。常温で長期保存が可能な上、湯で溶かすなどの作業を必要とせず、吸い口を装着すればすぐに授乳ができる。災害時や外出時に…(以下続く)

■委員会での主なやり取り(要旨)

食品安全委員会「賞味期限はどのように設定されるのか」

厚労省「調整液状乳は乳児用として消費者庁所管の特別用途食品の要件を満たす必要がある。製品を構成する栄養素は製造後、一定程度減衰するが…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 非純正バッテリーから発火する中古ノートパソコン
    知人から譲り受けたり、リユースショップで入手したりした中古品による火災や誤使用事故が多発していること...
  2. カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は9月23日、乗用車とピックアップトラック(小型の乗用トラ...
  3. 第48回豊島区消費生活展
    新型コロナ対策で多くの自治体が秋の消費生活展の中止やリモート化を決定する中、東京都豊島区では9月18...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月21日、賃貸物件や宿泊施設に関する詐欺が横行し、今...
  5. 東レ「水を纏う」Tシャツ
    東レは水で濡らして冷却効果を得る高機能Tシャツをクラウドファンディングで販売している。9月10日から...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る