若年者の消費者教育、都が方向性を議論 区市町村支援など提案

成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組むべき消費者教育の方向性について議論した。中間とりまとめ案では、都に対し、「東京都版消費者教育コーディネーター」の配置や市区町村における「消費者教育推進地域協議会」設置支援などを提案したほか、消費者教育の推進にあわせてマルチ商法などの悪質事業者の取り締まり強化を求めた。

東京都消費生活対策審議会

教材開発やネット発信などに注力してきた東京都。被害防止へこれまで以上の取り組みが求められる(21日、都庁にて)

都は6月中に中間まとめ案に関するパブリックコメント(意見募集)を行う方針。その結果をもとに部会と審議会で最終案の検討を行い、9月をめどに都知事に答申する。

審議会では、部会で集中検討された中間まとめ案が提示された。案では、学校数の多い都の現状を踏まえ、学校現場の意見を消費者教育に取り入れて調整していく「東京都版消費者教育コーディネーター」の配置が必要だとし、都に対し、担当する役割や配置場所の検討を求めた。

また、区市町村における消費者教育推進地域協議会の設置が5自治体、消費者教育推進計画の策定が1自治体にとどまっている(今年1月現在)と指摘。地域の消費者教育の重要な役目を果たすのは市区町村だとして、都が支援するよう提案した。

さらに、消費者教育の推進とともに悪質事業者の排除が必要だと報告。特に若者の被害が相次ぐマルチ商法やアポイントメントセールスについては取り締まりの強化を求めるなどした。

中間まとめ案について、審議会委員の木村たま代・主婦連合会消費者相談室長は「教材を作成して使用し、その効果がどうだったかまでのパッケージにして考えていくことが大事だ。教員への研修については、担当の教員だけでなく校長をはじめ他の教員も対象にしていることに賛同する」と発言。

小浦道子・東京消費者団体連絡センター事務局長は「案では消費者問題に関心のない若者について触れられているが、自分事として受け止められていないことが大きな要因だと感じる。若者の被害状況の詳細も盛り込まれているので、こうしたデータを活用して消費者教育を進めてもらいたい」と語った。

坂倉忠夫・消費者関連専門家会議専務理事は「相談窓口の認知が低く、若者への相談対応の充実化は重要。若者のコミュニケーション手段がインターネットに移る中で、企業はSNSやチャットボットなど電話以外のチャネルを広げる努力をしている。行政もSNSを情報発信に活用するだけでなく、相談分野での活用を視野にコミュニケーションチャネルをどう広げていくのか、今後の検討課題だ」と指摘した。

都は、国が活用を呼びかける教材「社会の扉」を全都立学校に広げるため、モデル3校を対象とした検証事業を行うなど、取り組みを加速させる方針。答申がまとまり次第、各施策に反映させていくとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...
  2. あはき柔整広告ガイドライン検討会
    国家資格が必要なあん摩マッサージ指圧・鍼灸・柔道整復(接骨)の施術院で不正な広告が横行している問題で...
  3. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  4. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  5. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る