【豪州】裁判所がACCCの提訴を棄却 「生分解性」表示巡り

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

使い捨て製品に用いられた「生分解性かつ堆肥化可能」表示をめぐり、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)が、消費者の誤解を招くとしてスーパー大手ウールワースを訴えた裁判で、連邦裁判所は7月5日までに、ACCCの訴えを棄却した。裁判所は「環境に関する同社の主張が誤っていたり、誤解を招いたりするものではない」と判断した。

ACCCが問題視したのは、ウールワースが14年~17年にかけて、使い捨てピクニック製品「ダブル・セレクト・エコ」(皿やボウル、スプーン、フォークなどをセットにした商品)に用いていた「生分解性かつ堆肥化可能」という強調表示。

ACCCは「企業や消費者の間に、生分解性や堆肥化の意味について混乱があることを認識していながら表示した」と指摘。「事実を誇張せず、分かりやすい表示を求めた環境表示ガイドラインにも反する」とし、2018年3月にウールワースを提訴していた。

ACCCは「この表示は、家庭用コンポストや埋め立て地に製品を廃棄した場合、妥当な時間内に生分解や堆肥化されることを示すもので、ウールワースはそれを裏付けるための十分な説明やその努力をしていなかった」と主張したが、裁判では認められなかった模様。

ちなみに問題の製品の原料は、皿とボウルがバガス(サトウキビやトウモロコシを搾汁した後に残る繊維物質)、スプーンやフォークは結晶性ポリ乳酸(デンプン由来のプラスチック素材)だった。

ACCCは今後の対応を慎重に検討するとし、「引き続き誤解を招く環境表示を行う企業に対して訴訟を起こしていく」とコメントしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  2. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  3. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  4. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  5. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る