消費者裁判手続き特例法は「活用困難」 3団体が見直し要請

集団的な消費者被害の回復を図る「消費者裁判手続き特例法」が施行3年を迎えることを受け、特定適格消費者団体の認定を受けた3団体は7月16日、同法の見直しを求める意見書を消費者庁などに提出したと発表した。制度的な制約により活用が困難だと訴えている。

意見書を提出したのは消費者機構日本(東京都千代田区)、消費者支援機構関西(大阪市中央区)、埼玉消費者被害をなくす会(さいたま市浦和区)。

特例法は泣き寝入りすることの多い消費者被害を集団的に救済するための制度。被害者に代わって国から認定を受けた特定適格消費者団体が事業者を相手取り訴訟を起こす仕組みだ。2018年10月に施行されたものの、これまで訴訟はわずか2件にとどまっていた。

意見書では、慰謝料や拡大損害を救済対象に加えるよう要求。製造物責任事案や不法行為事案も対象とすべきだとした。また、被害者への通知や公告にかかる費用を団体ではなく事業者の負担とし、事業者が債務超過に陥った場合に備え、団体に破産申立権を付与することなどを求めた。

また、特例法の見直しに加え、民事上の請求を支援する環境整備が必要だと指摘。▽特定商取引法を執行した行政機関が事業者に関する情報を消費者に提供する制度▽行政機関が悪質事業者の資産を確保できる制度――などを具体例としてあげ、検討を進めるよう要請した。

3団体は、現行法について「集団的な消費者被害は日々発生しているにもかかわらず、わずか2件の提訴しかなされていない。活用が困難である現状を踏まえれば、本制度の仕組みそのものに問題が内在するものと評価せざるを得ない」と指摘している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  2. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...
  3. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  4. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  5. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る