【英国】ソーセージの豚肉含有量2倍の差 価格との相関なし

ソーセージの豚肉含有量は商品ごとに差があり、価格が高ければ豚肉がぎっしり入っているという訳ではないことが、英国の消費者団体Which?による市場調査でわかった。同団体は「価格が必ずしも信頼できるガイドになり得るものでない」と指摘している。

スーパー各社で売られているソーセージ41品目を調べた。

豚肉の含有量が最も多かったのは97%の6品目。一方、最も少なかったものはわずか42%しか含まないリッチモンド社「シック(大きい)ポークソーセージ」だった。

価格も各社まちまちで、例えば豚肉を97%含有した6品目でも、1キログラム当たり4.73ポンド~8.73ポンドと開きがあった。

イギリスではソーセージを作る際、ラスクと呼ばれるパン粉を混ぜることが多い。ラスクの割合が高いと豚肉の含有量がその分低下する。ただし、バーベキューでソーセージを楽しむ場合、豚肉ぎっしりのものはお勧めしないという。

精肉店「ジンジャーピッグ」を営むラッセル・アキル氏は「ラスクが適度に入っているソーセージは形が崩れることがないし、調理中に肉汁をよく吸収する。豚肉が97%も入っているものは高温で焼くと肉汁が滴り落ちてしまう」と語った。バーベキューに最適なソーセージは、豚肉含有量が少なくとも75%以上のもので、ラスクが適度に入っているものが良いとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 農薬危害防止運動ポスター
    農林水産省や都道府県などは共同で、6月1日から「農薬危害防止運動」を展開する。農薬散布が増える時期に...
  2. 公益科学センター
    ジョージア州アトランタ市は、市が管轄する敷地内での食品調達指針を策定し、一定の栄養基準を満たした食品...
  3. トヨタアルフォード
    国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)は5月27日、2019年度「自動車アセスメント」評価結果...
  4. 死亡事故が起きているキャバリアチェスト
    米消費者製品安全委員会(CPSC)は5月27日、ふたを閉じると自動でロックする「キャバリア(Cava...
  5. 踏み台からの転倒事故
    いすや踏み台、介護ベッドなどの製品を使用中、バランスを崩すなどして高齢者が転倒・転落する屋内での事故...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る