【英国】ソーセージの豚肉含有量2倍の差 価格との相関なし

ソーセージの豚肉含有量は商品ごとに差があり、価格が高ければ豚肉がぎっしり入っているという訳ではないことが、英国の消費者団体Which?による市場調査でわかった。同団体は「価格が必ずしも信頼できるガイドになり得るものでない」と指摘している。

スーパー各社で売られているソーセージ41品目を調べた。

豚肉の含有量が最も多かったのは97%の6品目。一方、最も少なかったものはわずか42%しか含まないリッチモンド社「シック(大きい)ポークソーセージ」だった。

価格も各社まちまちで、例えば豚肉を97%含有した6品目でも、1キログラム当たり4.73ポンド~8.73ポンドと開きがあった。

イギリスではソーセージを作る際、ラスクと呼ばれるパン粉を混ぜることが多い。ラスクの割合が高いと豚肉の含有量がその分低下する。ただし、バーベキューでソーセージを楽しむ場合、豚肉ぎっしりのものはお勧めしないという。

精肉店「ジンジャーピッグ」を営むラッセル・アキル氏は「ラスクが適度に入っているソーセージは形が崩れることがないし、調理中に肉汁をよく吸収する。豚肉が97%も入っているものは高温で焼くと肉汁が滴り落ちてしまう」と語った。バーベキューに最適なソーセージは、豚肉含有量が少なくとも75%以上のもので、ラスクが適度に入っているものが良いとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    家電製品を購入する際、特定のメーカーにこだわる人は多いが、英国の消費者団体Which?は11月7日、...
  2. WII関連情報をを受け付ける適格消費者団体
    全国に16団体認定されている適格消費者団体が連携して本日(13日)から全国一斉にWILL(ウィル)関...
  3. はるまや紙製ショッピングバッグ
    スーツ大手のはるやま商事はプラスチックごみ問題への取り組みの一環として、12月中旬から順次、グループ...
  4. 形態安定加工ワイシャツのテスト
    北海道消費者協会はワイシャツの形態安定加工で使われるホルムアルデヒドに関する商品テストを実施した。ホ...
  5. 豪州消費者団体Choice
    食品の健康度合いを星を数で表す格付けマーク「ヘルススターレーティング」を巡り、豪州の消費者団体CHO...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る