「海なし県」で海洋プラごみ考える講演会 当事者意識で行動を

海に面さない埼玉県で9月5日、海洋プラスチックごみ問題を考える講演会が開催された。海洋ごみの約7割が川などを通って流れ込んだ陸域のごみとされ、その多くがプラスチック製。講演した環境NGO「JEAN」の小島あずさ事務局長は「今あるごみをいかに回収するか、増やさないためにどうするか。当事者意識を持ち、消費行動を変えてほしい」と呼びかけた。参加者からも早急な対策を求める声があがった。

小島あずさJEAN事務局長

プラごみ削減に向け行動を呼びかける小島あずさ事務局長(5日、さいたま市内・コルソホールにて)

講演会「プラごみ削減で海をまもる」は九都県市首脳会議「海洋プラスチックごみ問題検討会」の主催。さいたま市内で開催され、ごみ問題に取り組む消費者など約200人が参加した。

海洋環境研究の第一人者で、埼玉県環境科学国際センター総長の植松光夫さんは、海洋に流出するプラスチックごみ発生量の国別ランキングを紹介した。第30位の日本は年間6万トンが海に流出しているとし、「国民一人当たりに換算すると約500グラムになり、年間でペットボトル約25本分を直接海に投げ捨てているイメージ。米国(340グラム)のほうが意識が高いといえる」と指摘した。また、プラごみ削減に向けた国際的な枠組みが出来つつあることを説明する一方で、「マイクロプラスチックの発生原因や環境影響、人への健康影響など明確に分かっていないのが現状。しかし、放っておいていい訳ではなく、個人としても意識して考えてほしい」と呼びかけた。

JEAN事務局長の小島あずささんは、30年間にわたり海ごみ問題に取り組んできた経験をもとに、連日新たなごみが発生している現状を報告。また、海洋ごみが大量に流れつく日本海・東シナ海の沿岸エリアでは、過疎化や人口減少、処理費用の負担増により地域における回収活動が疲弊しつつあると指摘した。小島さんは「現実を正しく知って、自分もこの問題に関係する当事者の一人だという意識を持つことが大事だ」と消費者に行動を呼びかけるとともに、「個人の行動に期待しているだけでは問題は改善しない」として、社会の仕組みやルールの変革を訴えた。

会場からも「問題解決には製造者責任に切り込む必要がある」、「(政策目標の期限として掲げられている)2050年までまだ30年もある。もっと早くやるべきだ」、「この地球に生き残れるのかという段階にきている。この問題を知らない人はいない状況にあるので、実践につながる啓発や教育をお願いしたい」との声があがった。

九都県市首脳会議では、クジラがペットボトルを前に困った表情するというデザインの啓発ポスターを作成し、首都圏の駅やコンビニ、スーパーなど1万4000カ所で掲示する予定。発生抑制や適正廃棄を呼びかけたいとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    新型コロナ禍にインターネット通販に関する相談が増加したとして、兵庫県立消費生活総合センターは11月2...
  2. キャンピングカー豪最大手のJaycoが消費者の返品の権利を妨げたとして、オーストラリア競争・消費者委...
  3. 赤信号
    千葉県は11月19日、道の駅いちかわ(市川市)で販売された生菓子「駅アイス」の一部に、表示が義務付け...
  4. 国際消費者機構(CI)
    1960年に発足した国際消費者機構(CI)は11月16日、60周年を記念した特設ウェブページを開設し...
  5. サブリース住宅入居者向け注意喚起チラシ
    サブリース業者に不当勧誘の禁止や重要事項の説明義務などを課す規制法(賃貸住宅の管理業務等の適正化に関...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る