全相協「土日消費者トラブルなんでも110番」受付スタート

公益社団法人全国消費生活相談員協会(全相協)は、10月中の土日電話相談「消費者トラブルなんでも110番」を10月5日からスタートさせた。全相協では毎土日に「週末電話相談」を開設しているが、「消費者トラブルなんでも110番」はそれとは異なり、相談者の居住地域も南関東エリア(千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)の1都3県の範囲に限っている。消費者庁による消費者被害実態調査事業の一環として10月一杯の受付事業となる。

全相協「土日消費者トラブルなんでも110番」

10月の土曜・日曜日に開催される全相協「土日消費者トラブルなんでも110番」(写真は5日の様子)

寄せられた相談事例は個別解決が取り組まれる一方、相談事例を精査し、被害防止への法制度改善などが提言される。「消費者トラブルなんでも110番」当日の電話番号は03-5614-0316。次回は10月12日・13日、19日・20日、26日・27日の各土曜・日曜日。

この「110番」は消費者庁の消費者被害実態調査の一環として全相協が同庁から受託したもので、消費者団体訴訟制度の運用に役立てることを目指した事業。どのような消費者トラブルが発生し、その被害を救済するにはどのような制度的整備が必要かなどを事例をもとに検討する。全相協では寄せられる一つひとつの相談事例について解決策を提示するとともに、制度的課題も検討、政策提言なども提起していく。

相談者は千葉県、東京都、神奈川県、山梨県の南関東エリアに居住している消費者が対象。各土日の午前10時から午後4時まで相談を受け付ける。

それぞれの相談現場では、弁護士、司法書士、消費生活相談員などの専門家で構成される検討会議が設置され、改善策を検討する。収集された苦情事例を踏まえ年度内には「報告書」も作成する。被害防止策などの政策提言を盛り込み、今後の法制度改善に役立てていくとしている。

初日5日の相談現場では、5人の相談員が電話相談に対応。契約、表示、安全性などに絡んだ相談のほかに、「消費税の軽減税率」に関する相談も寄せられた。

電話がつながりにくい場合には「週末電話相談」(03-5614-0189まで)でも受け付けるとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  2. フランス消費者同盟
    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  3. エシカル通信簿結果発表会
    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(京都市)は3月17日、毎年恒例となった第4回「企業の...
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは、今後の地方消費者行政推進の核となる「消費者安全確保地域協議会」(見守りネットワー...
  5. 第4期消費者基本計画
    新型コロナウイルス感染問題が消費生活に重大な脅威を及ぼす中、3月27日、消費者庁は2020年度から2...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-3

    【英国】自宅待機中はアレクサ活用を 子どもの遊び相手にも

    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  2. フランス消費者同盟

    2020-4-3

    【欧州】プリンター、外出制限後に価格上昇 許可書の印字で

    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  4. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  5. 国際消費者機構(CI)

    2020-3-30

    CI、医療・食品・正確な情報へのアクセス確保を要求

    新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、消費者団体の世界的組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロン...
ページ上部へ戻る