食品小売り・外食の7割、取引先にHACCP導入求める

食品衛生法改正により原則すべての食品事業者に導入が義務付けられたHACCPについて、日本政策金融公庫(日本公庫)は10月10日、取り組み状況に関する調査結果を公表した。食品メーカーの6割超がHACCP導入に取り組んでいたほか、食品小売り・飲食業者の約7割が取引先の食品メーカーにHACCP導入を求めていることがわかった。

調査は7月、全国の食品関係企業6859社を対象に実施。2406社(35.1%)から回答を得た。

食品メーカーにHACCPの導入状況について聞いたところ、「導入済み」との回答が42.0%、「導入途中」との回答が20.3%となり、62.3%の企業が導入に取り組んでいた。前回調査(2018年1月)と比べて、「導入済み」「導入途中」の合計は11.8ポイントの上昇。また、食品メーカーの48.7%がHACCP認証を「取得済み」と回答した。

導入のきっかけについては、「義務化による導入」が37.9%で最多。次いで「取引先からの要請」18.4%、「異物混入等の食品事故を契機とする消費者の意識向上」17.5%、と続いた。導入の際の課題として、約半数の企業が資金負担面をあげた。

一方、食品卸売り・小売り・飲食業者の半数以上がHACCPに取り組む企業との取引を希望。認証の水準については「指定の認証を取得しているところとの取引を希望」が卸(23.2%)・小売り(37.0%)・飲食業(35.1%)のいずれの業種でも最多となった。「認証のうちどれか一つ以上の認証を取得しているところとの取引を希望」「認証はなくても導入済みであればよい」を加えると、卸が57.5%、小売りが74.0%、飲食業が67.5%となり、いずれの業種とも半数以上がHACCPに取り組む企業との取引を希望していることがわかった。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る