ニッポン消費者新聞|2015年1月1日新年特集号

新春特別インタビュー

  • 板東久美子消費者庁長官「消費者被害の防止・救済策導入」

2015年消費者行政方針

  • 消費者行政の「司令塔機能」発揮へ―消費者庁消費者政策課・鈴木一広課長
  • 消費者裁判手続特例法施行へ環境整備―消費者庁消費者制度課・加納克利課長
  • 「消費者白書」作成、重要案件を分析―消費者庁消費者調査課・岡田恵子課長
  • 地方消費者行政の充実めざす―消費者庁消費者教育・地方協力課・植田広信課長
  • 特定取引の公正化はかり消費者利益保護―消費者庁取引対策課・山田正人課長
  • 事故の未然・再発防止推進―消費者庁消費者安全課・宗林さおり課長
  • 表示適正化へ迅速に対処―消費者庁表示対策課・真渕博課長
  • 食品表示法施行準備推進―消費者庁食品表示企画課・竹田秀一課
  • 科学的知見に基づき食品の健康影響評価―食安委・野口武人リスクコミュニケーション官
  • 安全・安心なサービスの提供を推進―経産省サービス政策課・松岡健志課長
  • 内需振興へ向け消費者施策立案―経産省消費経済企画室・伊藤正雄室長
  • 製品安全関連4法に基づき制度運用徹底―経産省製品安全課・川原誠課長
  • 科学的根拠に基づき食品の安全向上図る―農水省消費・安全政策課・吉岡修課長
  • 食品Gメン配置、適正表示推進―農水省表示・規格課・相本浩志課長
  • 家畜伝染病の侵入発生防止に万全期す―農水省動物衛生課・川島俊郎課長
  • 自動車のユーザーの視点に立ったリコール―国交省審査・リコール課・西田寛課長
  • HACCPの衛生管理普及促進―厚労省監視安全課・滝本浩司課長
  • 新時代に対応した消費者保護ルール見直し―総務省消費者行政課・吉田正彦課長
  • よりよい循環型社会の構築めざす―環境省リサイクル推進室・庄子真憲課長
  • 多重債務問題解決に向け施策強化―金融庁・佐藤則夫信用制度参事官
  • 生活経済事犯の早期事件化推進―警察庁・上野正史生活経済対策管理官
  • 「東京都消費生活基本計画」展開―東京都消費生活部・山本明部長
  • 情報提供強化、消費者被害防止へ―国セン企画課・三澤智子課長
  • 消費者市民社会の実現に向け取組推進―大阪府消費生活センター・増井健人所長
  • 高齢者見守り活動強化―兵庫県生活科学総合センター・土取充センター長

消費者・市民団体が新方針表明

  • 組織刷新、草の根連帯強化―日本消費者連盟・田坂興亜共同代表
  • 幹ある消費者行政へ監視強化―主婦連合会・河村真紀子事務局長
  • 絆を大切に地域運動推進―全地婦連・夏目智子事務局長
  • 消費者・国民依拠する運動を積極化―全大阪消団連・飯田秀男事務局長
  • 消費者目線から法制度整備へ―日弁連・野々山宏事務局長
  • 調査活動推進、安全の権利優先―都地消連・奥田明子代表委員
  • 相談員目線で消費者被害救済―全相協・吉川萬里子理事長
  • 新制度に対応、新NACS活動推進―NACS・青山理恵子副会長
  • ヒーブ視点活かし積極連携―日本ヒーブ協議会・上田稚子代表理事
  • 子宮頸がんワクチンを告発―薬害オンブズパースン会議・水口真寿美事務局長
  • コメの検査規格の見直しを要望―反農薬東京グループ・辻万千子代表
  • 多重債務者支援へ―全国クレサラ・生活問題被害者連絡協議会・秋山淳事務局長
  • 消費者救済へ積極対応―消費者支援機構関西・榎彰徳理事長
  • 特定適格団体へ体制整備―消費者機構日本・芳賀唯史理事長

ACAP(消費者関連専門家会議)

  • 消費者教育の推進支援へ実践強化―ACAP・佐分正弘理事長

消費者委員会

  • 機能全面発揮―消費者委員会・河上正二委員長

特集企画

  • 恒例!本紙記者座談会
    消費者問題の核心を突く!記者たちが取材で感じた生の声をもとに徹底議論
    「負」の側面に配慮を/エコナの評価、なぜ困難/淘汰されるか怪しい表示/リコール依然増大/有害化学物質、生活に浸透/薬害の背景に利益相反/消費者運動二つの潮流
  • 2015年展望
    被害防止策緊急課題、消費者トラブルにどう対応
    ~救済制度も整備急務、すそ野拡大消費者問題~
  • 閉店セール商法、下取り値引き商法
    学生たちが“告発”、実態調査に基づき政策提言
    ~立大細川ゼミ、実践例を発表 市場監視し政策に反映へ~
  • 「健康エコナ」生涯発ガンリスク「判断は困難」
    食品安全委員会、検討まとまる 毒性影響は「確認されず」
    ~気になる遺伝毒性発ガン、「安全性認めてもらえた」花王コメント~
  • 混乱助長か機能性表示、4月導入へ
    食品表示を考える市民ネット「規制強化こそ必要」再度要求
    ~「矛盾に満ちた答申」と分析、消費者委員会にも抗議書~
  • 国民生活センター、越境消費者トラブルにも対応へ
    活発化する国際連携、ベトナムからも研修員
    ~消費者行政推進へ交流、国境越える消費者問題~

海外ニュース

  • <豪州>まつ毛エクステ被害増加 施術者の経験不足が原因
  • <英国>レジ袋有料化で衛生問題浮上
  • <豪州>単位価格表示導入から5年、更なる改善が必要との声
  • <米国>風邪に効く?亜鉛トローチ 消費者情報誌「効果なし」
  • <英国>猛威振るうビッシング詐欺、6割が遭遇し44億円の被害
  • <米国>店頭にいまだ並ぶ危険な玩具、消費者団体が保護者に注意喚起

企業・商品情報

  • <装い>振袖の着付け 衿は深めにきっちりと―鈴乃屋
  • <美容>メーキャップのポイント アイラインは切れ長に―資生堂
  • <ダイドードリンコ>冬に癒される香りのハーブティー発売
  • <ワコール>3つの乳がん啓発キャンペーン実施、日本対がん協会などへ573万円寄付
  • <味の素>被災者応援活動、1000回開催

その他のニュース

  • 低周波音、健康に障害 消費者安全調査委員会 ヒートポンプ給湯機調査で指摘
  • 全相協、「老人ホーム関連トラブル110番」実施へ
  • 消費者担当大臣、山口俊一氏就任
  • 携帯電話各社、消費者保護対策急ピッチ 「お試しサービス」導入へ
  • 東京都消費生活講座、だましの手口を心理学から検証
  • エコカイロ、持続時間短く手間多い 北海道消費者協会
  • 「バイナリーオプション取引」相談急増 愛知県
  • 太陽電池パネル、落雪事故防止へ対応要請 資源エネ庁
  • 内装リフォーム、シックハウス対策適切に 消費者庁
  • 若者被害防止キャンペーン 関東甲信越1~3月に

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    AI(人工知能、Artificial Intelligence)による社会のデジタル化が進行する中、...
  2. コンシューマーリポート
    「99.99%除菌」「細菌やバクテリアを99.99%除去」などとうたって販売されているスチームモップ...
  3. 国民生活センター福原奈央さん
    国民生活センター教育研修部上席調査研究員付主査・福原奈央さん ◎地方消費者行政支援 「見守り活動...
  4. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  5. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る