世界食料デーにCIが発信 安全・健康・持続可能な食品を!

「世界食料デー」にあたる10月16日、国際消費者機構(CI)はツイッターで「世界中の誰もが安全で、健康的で、適正な価格で、持続可能な食品を入手する権利を持っている」とのコメントを発信した。「私たちのメンバーの多くは半世紀以上も食品問題に取り組んできた」ともつぶやき、これまで取り組んできた食品キャンペーン運動を紹介した。

CIは主要な取り組みテーマの一つとして食品問題を位置付けており、「健康で栄養価が高く、安全な食品を誰もが確実に入手できること」をスローガンに運動を展開してきた。特に子どもの肥満問題、脂肪・砂糖・塩分の取り過ぎ、不健康な食品の販売規制、マーケティング手法などは長年の世界的課題であり、近年は抗生物質問題や巨大IT企業による食品小売り進出問題にも見解を発信するなどしている。

CIは「食品はすべての消費者に影響を与え、重要な公衆衛生上の問題でもある。健康や生命のリスクから消費者を守る義務がある」と強調し、世界保健機関(WHO)やコーデックスなどほかの国際機関との連携を深めていることを紹介した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  2. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  3. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...
  4. 栄養成分表示
    2015年4月に包装した加工食品への表示が原則義務付けられた「栄養成分表示」について、4割近くの人が...
  5. コイン
    特定適格消費者団体の消費者支援機構関西(大阪市中央区、藤井克裕理事長)は11月6日、外国株式の国内店...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る