道の駅に紙おむつ自販機、四国に初設置 3号機目=ダイドー

飲料大手のダイドードリンコは2月18日、徳島県美馬市の道の駅「みまの里」にベビー用紙おむつ自動販売機を設置したと発表した。四国エリアでは初の設置、全国では3号機目となる。24時間利用できる自販機でおむつをばら売りし、子育て世代の外出を応援するのが狙い。今後も新潟県内の道の駅への設置を予定している。

ダイドー紙おむつ自動販売機

飲料と紙おむつがコラボした自販機(プレスリリースより)

この取り組みはダイドー、セコム医療システム、大王製紙のコラボレーション事業。国による子育て応援施設の整備方針を受け、3社のノウハウを結集して紙おむつ自販機を実現させた。

自販機では、ダイドーの飲料とともに大王製紙のベビー用紙おむつ「GOO.N(グ~ン)2枚入り」(M・Lサイズとも220円)を販売。飲料と紙おむつの取り出し口は別にした。第1号機を道の駅「いたこ」(茨城県潮来市)に、第2号機を「北川はゆま」(宮崎県延岡市)に設置し、今回が第3号機となる。

今後は「庭園の郷 保内」(新潟県三条市)、「加治川」(新潟県新発田市)に設置予定。公共・商業施設内への設置も進める方針で、新潟県三条市体育文化会館などが予定されている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  2. 古賀真子さん
    NPO法人コンシュマーネット・ジャパン(CNJ)理事長 古賀真子さん ■静養第一に ワクチン・治療...
  3. ニッポン消費者新聞2020年新年号
    特集 食品安全、毒性評価で問題提起 「閾値」の存否検証報告 食品Gネットの院内集会で ...
  4. 野菜サラダ
    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  5. お断り
    改正健康増進法が4月1日に全面施行され、飲食店や職場などが原則禁煙になることについて、74.6%の人...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  2. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  3. 国際消費者機構(CI)

    2020-3-30

    CI、医療・食品・正確な情報へのアクセス確保を要求

    新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、消費者団体の世界的組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロン...
  4. AARP

    2020-3-27

    【米国】高齢者は来店不要、薬局大手が処方薬の無料配送

    高齢者の非営利団体AARP(本部・ワシントンDC)は3月24日、CVS、ライトエイド(Rite Ai...
  5. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
ページ上部へ戻る