世界消費者権利デー、各国団体がツイート 持続可能な消費を!

消費者の権利を訴える世界的イベント「世界消費者権利デー」が3月15日に実施された。今年のテーマは「持続可能な消費者(Sustainable Consumers)」。世界各地でイベントが実施され、SNSでも各団体の決意表明がおこなわれた。

ツイッター上の主なつぶやきは以下の通り。

国際消費者機構(CI)「今日は世界消費者権利デー! 持続可能な消費者の重要性を呼びかけるために、世界160以上の消費者団体が団結する」

コーデックス(国際食品規格)委員会「コーデックス委員会は創設以来、消費者の権利と保護を最優先事項に据えている」

ジンバブエ消費者委員会「記念イベントがグウェル市で開かれ、持続可能な消費を呼びかける数々のスピーチが行われている。地域住民が植樹した緑豊かな公園への訪問も予定されている」

米消費者情報誌コンシューマーリポートのマルタ・テラドCEO「消費者の権利、ニーズ、改革について世界的な認識が高まることを願っている。持続可能な製品・食料・政策を世界的に促進させよう」

ユーロコンシューマーズ「我々は消費者を持続可能性へと導くことを誓う!」

国連貿易開発会議「政府や企業と協力して持続可能性を簡単に選択できる環境づくりをしていく」

英国の消費者団体Which?「世界消費者権利デーを機に、私たちはさらなる“持続可能な消費者”になるための努力を行う必要がある」

豪州の消費者団体CHOICE「世界消費者権利デーとCHOICE創設60周年を祝し、我々が作成した『消費者権利ガイド2020』を共有します」

CIは当日、各国のイベントの様子をツイッターで紹介。植樹やトークイベント、プラスチック使用禁止運動、食品ロス削減の啓発などが展開されたという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  2. 古賀真子さん
    NPO法人コンシュマーネット・ジャパン(CNJ)理事長 古賀真子さん ■静養第一に ワクチン・治療...
  3. ニッポン消費者新聞2020年新年号
    特集 食品安全、毒性評価で問題提起 「閾値」の存否検証報告 食品Gネットの院内集会で ...
  4. 野菜サラダ
    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  5. お断り
    改正健康増進法が4月1日に全面施行され、飲食店や職場などが原則禁煙になることについて、74.6%の人...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  2. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  3. 国際消費者機構(CI)

    2020-3-30

    CI、医療・食品・正確な情報へのアクセス確保を要求

    新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、消費者団体の世界的組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロン...
  4. AARP

    2020-3-27

    【米国】高齢者は来店不要、薬局大手が処方薬の無料配送

    高齢者の非営利団体AARP(本部・ワシントンDC)は3月24日、CVS、ライトエイド(Rite Ai...
  5. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
ページ上部へ戻る