ポイ捨てで発生、河川の全10地点からマイクロプラ 埼玉県

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

海洋マイクロプラスチックの発生源を探るため、埼玉県はさいたま市と共同で、河川でのサンプリング調査を行った。その結果、東京湾に流れ込む5つの河川の10地点すべてからマイクロプラスチックを検出。ポイ捨てされたプラスチック製品などが発生源である可能性が高いことがわかった。県による調査は今回が初めてで、世界的に見ても河川の調査は珍しいという。

調査は昨年6月、荒川を中心に中川、新河岸川、入間川、元荒川の5つの河川の上下流や本川・支流など10地点で実施。その結果、直径5ミリ以下のマイクロプラスチックをすべての地点で検出した。

マイクロプラスチックサンプリング調査

最も多くのマイクロプラスチックが検出された元荒川(鴻巣市)でのサンプリング調査の様子(2019年6月18日、埼玉県提供)

河川水1立方メートル(1000リットル)当たりのマイクロプラスチック個数が最も多かったのは元荒川の渋井橋(鴻巣市)で20.2個、最も少なかったのは荒川の久下橋(熊谷市)と入間川の落合橋(川越市)で2.2個。プラスチックが劣化した破片状のものが全体の74%を占め、材質別ではレジ袋などに使われるポリエチレン(PE)や食品トレーなどに使われるポリプロピレン(PP)が93%を占めた。

調査した県水環境課は「調査地点をまんべんなく設定したが、すべての地点からマイクロプラスチックを検出した。これは、河川のマイクロプラスチックが特定の工場や地域から発生しているわけではなく、屋外に放置されたりポイ捨てされたりしたプラスチック製品が発生源である可能性が高いことを示している」と指摘した。

海なし県の埼玉では、県民の消費行動が海洋マイクロプラスチックの発生に深く関与していることを啓発する取り組みを展開中。同課はマイバッグ・マイボトルの利用や分別廃棄の徹底、ポイ捨て禁止などとともに「屋外で使われているプラスチック製品は劣化する前に取り替えたり、地域のごみ拾い活動に積極的に参加したりして、環境中で劣化するプラスチックを減らす取り組みを1人ひとりが実行してほしい」と呼びかけている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 東京都庁
    東京都が10月8日に公表した2020年度「消費生活相談年報」によると、契約していた事業者が経営破綻しc
  2. 高齢消費者・障がい消費者見守りネットワーク連絡協議会
    消費者庁の働きかけで創設された「高齢消費者・障がい消費者見守りネットワーク連絡協議会」が10月14日c
  3. マーマレード
    柑橘類の果皮のほどよい苦味と食感が魅力のマーマレード。パンやヨーグルトにかけて楽しむ人も多いが、果皮c
  4. 鈴木敦士弁護士
    全国消費者団体連絡会は10月6日、消費者契約法第3次改正に向けた検討会報告書の課題を探るオンライン学c
  5. 欧州消費者同盟
    世界的なエネルギー価格の高騰が経済や生活を脅かし始める中、欧州委員会は10月13日、困窮世帯や中小企c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る