【米国】コロナ後は非接触型が主流に? 車のオンライン販売加速

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一部のディーラーが自動車のオンライン販売に乗り出している。米国の消費者情報誌コンシューマーリポートは4月8日、「ショールーム文化が進化を迫られている」と題する検証記事を掲載。自動車業界ではニッチなビジネスモデルだったオンライン販売の加速を予測している。

これまで米国内の自動車販売は好調に推移していたが、新型コロナの蔓延により環境が激変。伝統的な対面取引となるショールーム販売からの脱却を迫られ、一部のディーラーがオンライン販売を強化している。コンシューマーリポートの調査によると、モデルやボディーの色、オプションを選択でき、ローンの手続きや下取りの見積もり、販売員との交渉も可能としたオンラインプラットフォームが登場。自宅への車両配送も無料にして、顧客の囲い込みを急いでいるという。

オンライン自動車販売支援のAutopiaによると、自動車市場に占めるオンライン販売の割合は10~15%だったが、新型コロナを機に「非接触型」の販売戦略が急速に増加すると予測した。自動車販売はフランチャイズ契約や州の規則に基づき対面での契約締結が必要な場合があるが、米国国際自動車ディーラー協会(AIADA)のジェイソン・コーター会長は「販売状況を分析して市場の変化に順応していく」と語り、各州の法律に対応する形で契約書面を電子化し、手続きを完全もしくはほぼ非接触型にする手法の検討を始めていると明かした。

米国ではパンデミック前からオンライン販売が勃興し、テスラは長きに渡る州との戦いを経て、昨年から米国内でオンライン販売を実施。システム開発のTruecar.comは自動車購入手続きをオンライン上で完結できる「Buy From Home」プログラムを提供し、ネットワークに参加するディーラーが増えているという。

コンシューマーリポートは「自動車業界においてはニッチなビジネスモデルだったオンライン販売が離陸を始めた」と分析。「消費者がショールームに訪れ、そこで試乗し、経験豊富な営業担当者が対応するというショールーム戦略に重点を置いてきたディーラーはオンライン販売で後手に回ることになるだろう」と指摘した。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    増加傾向にあるオンラインゲームの相談の中に、ゲーム依存を原因とした事例が含まれる可能性があるとして、...
  2. アルミ缶リサイクル協会
    アルミ缶リサイクル協会(田代泰理事長)は2020年度アルミ缶回収一般協力者表彰の優秀賞受賞59団体を...
  3. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?が、オンライン詐欺から消費者を保護するための法案「オンライン有害法(On...
  4. 日本弁護士連合会
    連鎖販売取引(マルチ商法)の若年者トラブルが増加傾向にあるとして、日本弁護士連合会は10月21日、2...
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は10月26日、ボタン電池の誤飲事故防止キャンペーンを開...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る