米非営利団体、RCEPに辛口論評 「世界経済に影響なし」

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ASEAN10カ国と日中韓など計15カ国が署名した「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」について、米非営利団体のパブリック・シチズンは11月15日、「世界経済と世界人口の約30%をカバーする自由貿易協定だと誇大宣伝されているが、世界や米国の経済に与える影響は小さい」とする辛口の論評を発表した。TPP(環太平洋経済連携協定)とは異なり、貿易に関する制限が多いほか、インドが離脱した影響も大きいと分析している。

同団体は、RCEPを主導したのは中国ではなくASEANだとし、内容についても「すべての商品を対象としたり、関税を完全撤廃したりするわけではなく、主要農産物が除外されるなど制限が多い」と指摘。「サービス貿易部門も包括的ではなく、物議を醸した投資家対国家紛争処理制度(ISDS)も除外された」とし、「比較的緩やかな貿易協定」だと説明した。製品基準の統一、強制力のあるデジタル取引規制、国営企業規制などが設定されなかったことも影響力の小ささにつながる、とした。

さらに「インドが離脱したことも世界と米国の経済にほぼ影響を与えない理由の一つだ」と強調。参加国同士がすでに貿易協定を締結していることも理由にあげた。一方、RCEPの成果としてあげたのが「原産地規則(ROO)」で、「参加国の二国間もしくは多国間協定のROOに取って代わるものだ」とした。

RCEPは今後、参加国内の承認手続きを経て発効されるが、「国を二分して議論されることもなくスムーズに進むだろう」と予測。この点も「米国が離脱する運命となったTPPとは対照的だ」と論評している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 国際葬儀連盟
    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)と国際葬儀連盟(FIAT-IFTA)は6月23日、c
  2. アンケート調査
    千葉県建築相談協議会と千葉県弁護士会は共催で6月26日、一般市民向けに欠陥建築トラブル・法律相談を開c
  3. 欧州消費者同盟
    7月1日にスロベニアがEU理事会議長国に就任するのを前に、欧州各国の消費者団体で作るBEUC(欧州消c
  4. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは6月17日、市販のボトルドウォーター(ボトル入り飲料水)かc
  5. ビジョンズへの措置命令を発表する消費者庁
    消費者庁は6月22日、「ついに部分痩せが可能に」「女の格を上げる塗るだけダイエット」などと痩身効果をc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る