【香港】住宅リフォーム業界のガバナンス強化へ4項目を提言

住宅リフォームを巡る消費者トラブルが相次いでいることを受け、香港消費者委員会が業界のガバナンス強化を図る4項目の提言を発表した。事業者選びから施工完了までに発生するトラブルを4段階に分類して分析を試み、対応策として(1)見積書の標準化(2)政府承認の認証制度の確立(3)ADR(裁判外紛争解決手続き)の採用(4)消費者教育の強化――を示した。

提言書は182ページにわたる詳細なもの。苦情・訴訟事例、消費者意識調査、覆面調査、広告・業者紹介サイト調査、市場分析、関係法令などを分析し、最終的に4項目の推奨事項を提言した。

同委員会は「住宅リフォームへの消費者ニーズが高まっているものの、参入障壁が低く、細分化した業界を主導する代表的な団体も存在しておらず、健全化の取り組みが全体に波及していない」と指摘。また「業界を監督する規制制度も確立しておらず、トラブルが発生しても消費者は(特定の消費者保護を提供していない)一般法に頼らざるを得ない状況だ」とし、4項目の推奨事項の実現には政府、関係機関、業界団体、消費者などすべての関係者の連携が必要だと呼びかけた。

人口密度の高い香港では世帯数が増加中。2010年の230万世帯から2023年には270万世帯に達する見通しで、住宅リフォームのニーズが年々高まっているという。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る